棋士とメシ

パンとうなぎの定跡

恐ろしく強いコンピュータも参入して、盤上の技術では、日進月歩の進化を見せる将棋界。では、二十年以上前の将棋界は、どんな雰囲気だったのでしょうか。そして当時、棋士たちが食べていたものは?

1994年度の将棋界

 23歳の羽生善治新名人が誕生した1994年度は、史上初の七冠制覇がかかっていた年でもあった。

 近代の将棋界は実力制名人戦の創設を持ってスタートする。しばらくは、この名人位だけが唯一無二のタイトルだったが、戦後に王将戦、九段戦と創設され、近年には7つにまで増えた。この7つのタイトルを同時に全て保持した、という棋士はこれまでにはいなかった。

 名人位に就いた時点で五冠の羽生は、その後、竜王戦の挑戦権を得て、佐藤康光竜王に挑戦。4勝2敗で七番勝負を制して、六冠となった。そして王将戦でも、谷川浩司王将への挑戦権を獲得。1995年1月から始まった七番勝負は、将棋界のみならず、社会的な注目を集める、一大イベントとなった。

 王将戦を主催している新聞社は、スポーツニッポン(スポニチ)と毎日新聞で、当時のスポニチでも、王将戦は例年以上に大きく扱われている。七番勝負が始まる前に展望記事が掲載されているが、そこに寄せられている林葉直子女流五段(当時)のコメントが面白い。

<(前略)谷川王将は対羽生戦を除いては好調なのですから、ここは大人の男の色気で圧倒してほしいし、7冠王誕生の瞬間も見てみたいなんて思う私は悪い女でしょうか。(『スポーツニッポン』1995年1月10日)>

 いかにも林葉さんらしい言い回しだ。当時の林葉さんは、いわゆる「失踪騒動」の後で将棋界に復帰したばかりで、こちらもまた社会的に注目を浴びていた。スポニチの王将戦第1局の記事中のタイトルには「林葉復帰戦以上の報道陣」とある。それはそうだろうと思うが、一方で、林葉さんがどれだけ注目を集める存在だったかも、うかがえる表現だ。

 現在の将棋界では、羽生七冠フィーバーが振り返られることはあっても、林葉さんについては、ほとんど触れられることがない。当時の空気感はやはり、当時の文献をたどってみないとわからない。そして、林葉さんの人となりについては触れられることがあっても、盤上での才気あふれる指し回しが振り返られることがないのは、いかにも惜しい。

 1994年度の王将戦七番勝負で、谷川王将、羽生六冠は何を食べていたのか。そういう視点で「週刊将棋」紙をチェックしてみたが、実はその点に関しては、詳細がわからなかった。代わりに今回は、当時のA級順位戦の食事のメニューを取り上げてみたい。


(将棋会館に出前で運ばれてきた、ふじもとのうな重)

A級順位戦の食事

 名人位をピラミッドの頂点とする将棋界の順位戦制度では、名人位の下にA級と呼ばれるクラスが存在する。定員は10人で、この枠に入ることが、一流棋士の証とも言える。A級は10人総当りのリーグで、1年をかけて、各自9局の対局をおこなう。そして成績最上位の1人が名人位挑戦権を獲得し、下位の2人はB級1組に陥落する。総当りのリーグ戦という性質上、どの一局であっても勝敗の価値が変わることはないが、中でも8回戦(ラス前)、9回戦(最終戦)は、10人全員が一斉に対局するため、特に注目を集めることになる。

 記事の定跡としては、挑戦争いと残留争いが微妙にからみあった対局カードと各人の成績、当時の将棋界の状況などを示すところだが、それらは置いておいて、ここでは食事にだけ注目してみたい。

 順位戦の対局場は、東京と大阪の将棋会館。このときは、有吉九段-高橋九段戦は大阪で、あとの4局は東京でおこなわれていた。

 タイトル戦の番勝負と違うのは、昼と夕方の食事は、各自が自由に取るという点だ。食費は自分で負担するのが前提だが、将棋会館で出前を取ってもいいし、外に出かけてもいい。

 棋譜やリーグ表の成績を見て、あれこれ思いをめぐらすのが将棋ファンだが、この食事の表を見てもまた、いろいろなことを考えさせられる。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

角川新書

この連載について

初回を読む
棋士とメシ

松本博文

あの大一番を支えた食は何だったのか―― 現在における将棋対局のネット中継の基礎をつくり、食事の中継の提案も行った松本博文氏がつづる、勝負師メシのエピソード。

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

espelade ちょうど昼夜にうな重連投が確認できる記事がありますね。 > 約3年前 replyretweetfavorite

ginnan81 棋士とメシ【第5回】|松本博文 @mtmtlife https://t.co/3BCQXk4JeY 東京は21年前と現在で出前の値段はあまり変わっていないですかね。大阪は安いですね。1994年度A級9回戦、南九段は早い終局で帰阪したようです。 約3年前 replyretweetfavorite

prisonerofroad “【第5回】 #将棋 #food 約3年前 replyretweetfavorite

_lushlife_ 南先生の9回戦「昼:外出 夜:帰阪」というのが凄い気になるw 【第5回】 約3年前 replyretweetfavorite