家族無計画

不倫の旨味と焼肉

ここ最近、有名人の不倫報道が世間を賑わせていますが、不倫は私たちの身の回りでも横行しているようです。そこで、過去に元夫の女性問題に悩まされていた紫原明子さんは呼びかけます。不倫をするのなら、せめて「作法」に従うべきだと。
好評発売中の紫原さん初の著書『家族無計画』よりお届けします。

結婚論からセックスのテクニックまで、恋愛に関する豊富な情報を扱う女性向けウェブメディア『AM』が「30代からの恋愛」特集の一環として、30代未婚女性100人を対象に行ったアンケート(2016年2月)によれば、何と全体の41%が不倫を経験したことがあるという。そこで今度は別の機会にこのメディアが、絶賛不倫中の女性のみを対象としたアンケートを実施したところ、これには1日で500件以上の回答が寄せられたそうだ。

実際には、住んでいる地域や職業などによっても不倫との距離感は異なるだろう。ただ、少なくとも東京というコンクリートジャングルに根を張る私の周りの女性たちを見渡す限り、まあそうだよねと納得せざるを得ない結果だった。

そのくらい、不倫が横行している。

「酔った勢いでチュッとキスしちゃったくらいだよ」から、もはや妻は蚊帳の外で愛人同士がバトルを繰り広げるレベルの泥沼不倫まで、都心に住んでいると、不倫エピソードのサンプリングには事欠かない。特に既婚男性の多くはいつまで経ってももっとモテたいと思っているし、独身女性の多くは、既婚男性を恋愛対象として見ているのだ。

私自身、元夫の不倫問題で大変な思いをした。なかでも特に印象的だった出来事は、元夫の友人を名乗る、謎の男の出現である。SNSを通じてある日突然コンタクトをとってきた彼は、藪から棒に「自分はあなたの旦那の不倫事情を知っているから、少し話しましょう」と言うのである。面識はなかったものの存在くらいは知っていた人物だったので、疑いつつも言われるままに待ち合わせて会うことになった。……とはいえ怪しかったので事前に友達に事情を話し、他人を装って隣の席に潜伏してもらっていた。

初めて会う相手と向かい合って座り、この男は一体何を言い出すんだろうと様子を伺う。5分ほど他愛ない会話を交わしたあと、おもむろに彼が切り出した。

「僕はおたくの旦那も、相手の女の子も知ってるんですよ。一つ言えるのはね、女の子はいい子なんですよ。悪いのは全部おたくの旦那。だから彼女に慰謝料を請求したり、責めたりしないでほしい」

当初、これは誰かの差し金かと思って黙って話を聞いていたけれど、どうもそういった他意もなさそうで、話を続けるうちに、この人は純粋に善意からこういう話をしに来たらしい、ということがわかった。わかったのでつくづく、おめでたい人だなあと思ってしまったのであった。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

強く愉しく新しい“家族論”エッセイ、ついに書籍化!

家族無計画

紫原 明子
朝日出版社
2016-06-10

この連載について

初回を読む
家族無計画

紫原明子

「日本一炎上しがちな夫」こと、起業家の家入一真さんと結婚した家入明子さん。現在「ソーシャル主婦」として、家入家独特の育児の話や、夫婦間のデリケートな話題に切り込む記事をブログで発信し、話題となっています。そんな明子さんが、ブログよりも...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

akitect 【過去記事】 約1年前 replyretweetfavorite

keredomo_ おもしろかった 「強い者は圧倒的に強い者としてヒールに徹する。少なくともこれが、ちょっとはマシな不倫の作法だろうと思うのだ」 1年以上前 replyretweetfavorite

hinon52 めちゃ面白いし納得する 1年以上前 replyretweetfavorite

docomo45402777 うむうむ。わかるわかる。 1年以上前 replyretweetfavorite