俺の夜~記者が自腹で集めた夜遊び情報~

たまには足を延ばして。八王子の“深海”で泳ぐ

夜遊びはカネもかかるし、めんどくさい——。そんな昨今の風潮を嘆き、日本の夜を元気にするため、SPA!編集部の精鋭記者たちが立ち上がった!(毎週水曜日更新)

 春はあっという間に過ぎ、すでに夏の気配がムンムン。ギラつく太陽にいささか開放的な気分になるが、噴き出す汗で大きな染みを作ったワイシャツに閉口する季節がやってきた。そんな俺は一服の涼を求め、中央線に乗ること2時間弱。奥多摩の川辺に赴いた。さらさらと流れる川面を見ながら、缶ビールを舐めつつ、来し方行く末に思いを馳せていると、静寂を破る一本の電話が。「今から八王子に来ませんか?」。弾んだ声の主は、お馴染み夜遊びガイドのO氏。都心の遊びに食傷気味の氏は、週末のたびに「遠征」をし、新規開拓に努めているのだという。
 再び中央線に乗ること1時間半、緑に囲まれた奥多摩と比べれば、はるかに大都会感が溢れ出す八王子に降り立った。

 爽やかに手を振るO氏と合流し、駅近くの盛り場をパトロール。

 週末の黄昏時の街は人の活気に満ち満ちていた。見た目はいかつくも、都心ほどしつこくなく気さくな客引き、はやくもほろ酔いの若者グループは派手なネオンのキャバクラに吸い込まれていく。

「このいい意味での“やんちゃ感”。大宮でも感じましたけど、都心では失われた光景ですよね……」

 規制、規制で少し窮屈になった都心の盛り場を引き合いに出し、しみじみと語るO氏。鋭い目線の先には「大人の遊びBAR」なる潜水艦を模した看板があった。近づいてみると「海底のひみつ基地2F」とも書いてある。海のない八王子に突如として現れた潜水艇。あろうことか階段を2階に上がる大いなる矛盾。嗅覚を信じて、階段を上がってみることにした。

可愛い水兵さんがお出迎え!

(前列左から反時計周り)Risa(23歳)、ともちん(24歳)、はるか中尉(23歳)、るい中佐(23歳)、あゆ中尉(22歳)、あんり(21歳)、まりん艦長(永遠の20歳)

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

SPA!

この連載について

初回を読む
俺の夜~記者が自腹で集めた夜遊び情報~

風俗(かぜ)を読む取材班 /SPA!編集部

夜遊びはカネもかかるし、めんどくさいーー。そんな昨今の風潮を嘆き、日本の夜を元気にするため、SPA!編集部の精鋭記者たちが立ち上がった!(毎週水曜日更新)

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード