ネットで検索できるから、知識は必要ない」は本当?

ミリオンセラー『「超」整理法』などで知られる野口悠紀雄さんが、1冊まるごと音声入力を使って書いた本『話すだけで書ける究極の文章法〜人工知能が助けてくれる!』が話題を呼んでいます。前編では、音声入力はキーボード入力に比べて何が優れているのか、音声入力が「アイデアを成長させるための装置」とはどういうことかについてお話を伺いました。後編では、人工知能によって社会や教育はどう変わっていくか、音声検索を使って何ができるのかについてお届けします。(聞き手:加藤貞顕)

簡単に検索できる時代だからこそ、知識はますます必要

— 今後、音声認識や人工知能がさらに発達していくと、社会が変化していくと思うのですが、この先、我々はどのように対応していくべきとお考えでしょうか?

野口悠紀雄(以下、野口) 仕事は全部人工知能に任せて、人間は何もしないで生きていけるようになれば、これほどすばらしいことはないですね。そういう仕組みができればユートピアそのものじゃないでしょうか。もちろんそうなるとは限らないので、将来は不確実だとしか言いようがありません。 ただ、人工知能によって、それまで人間がしていた仕事がどんどんなくなっていくのは間違いない。それに対応するためには、月並みな言い方ですが「労働力の流動化」が必要です。あるいは、企業が流動的にビジネスモデルを変えていかないといけない。

— 社会も、企業も、個人も、変化に対して柔軟になるしかないというか、受け入れるしかないという。

野口 ただ私はもっと身近で、かつ緊急の問題として、『話すだけで書ける究極の文章法』にも書きましたが、教育の問題があると思います。

— 本の中には、「漢字は書けなくても読めればいい」と書かれていましたね。

野口 これだけPCが普及して、「読めれば問題ない状態」になっているのですから、書き方は必要ないと思っています。

— 学校教育はいまだに知識の暗記が中心だと思いますが、そういうのも必要なくなっていきますか?

野口 いえ。私は、覚えることは大変重要だと思っています。知識がないと新しいアイデアが出てきません。新しいアイデアはこれまであったアイデアの組み合わせで出てくるので、知識が多ければ多いほど新しいアイデアが生まれやすいのです。ですから、知識は非常に重要です。漢字にしても、書くことは必要ありませんが、読むことに関してはむしろ今までよりたくさん読めるようになる必要があります。

— そうか。これからは、もっと知識が必要になるんですね。検索すればいいから、暗記はいらないという指摘に対してはどうですか?

つめこみ教育や受験はした方がいい

野口 いえ、そんなことはありませんよ。私はその意見に反対です。知識は今後、ますます必要になります。だからつめこみ教育をどんどんやるべきだと思っています。たとえば、歴史で“西暦何年に誰が何をやった”というたぐいのことは非常に重要です。

— よく、「歴史は流れが大事だから年号は覚えなくてもいい」とか言われますよね。

野口 そんなことはありません(笑)。年号がわからなかったら、いつのことかわからないから流れもわからない。ヨーロッパで起こったことと日本で起こったことを比較するには、西暦の年号を覚えていないとできない。だから、今までどおりに語呂合わせで年号を覚えるのは非常に重要です。

— なるほど。たしかにそうですね。

野口 ものをよく覚えられる年齢はある程度限られていますから、若い時にどんどんつめこみ教育をやるのは大事なことだと思います。

— 受験とかで、がっちりと勉強するのはむしろいいことなんですね。

野口 もちろん。受験という機会があるから、つめこまざるを得ない。その期間につめこむ、ぎゅうぎゅうに。以前、創造力を伸ばそうと導入されたゆとり教育は、先生たちがサボるための口実にすぎなかったということが、もうはっきりしています。「創造力教育」とは、要するに何もしないということです。

— もう一つ、うかがいたいのが、本の中で語学の話を書かれていましたが、自動翻訳が発達すると語学学習が必要なくなるのかもしれないなと思ったんですが、いかがですか?

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
話すだけで書ける究極の文章法—野口悠紀雄インタビュー

野口悠紀雄

スマートフォンに搭載されている音声入力機能。使ったことのある人はどれくらいいるでしょうか? ミリオンセラー『「超」整理法』などで知られる野口悠紀雄さんは、1冊まるごと音声入力を使って書いた本『話すだけで書ける究極の文章法〜人工知能...もっと読む

関連記事

関連キーワード

コメント

ororn 便利なものも習慣化しないと恩恵に授かれないので、最初は不便だと思っても使い続けないとダメなんだろうな 約1年前 replyretweetfavorite

luckyandrich1 https://t.co/W67a8Cimvs ある程度知識がある人と会話をすると楽なんだよなあ〜 頭の良い人と一緒にいると楽なんだよなあ〜 逆に、話が通じない人と会話をすると疲れるのだよなあ〜〜(; ̄ェ ̄) 約1年前 replyretweetfavorite

yoma_kenichi 入力用に白ロムを購入しよーかな? >野口先生は、昔から音声入力をお試しになっていたんですよね。 「かなり初期から試していましたが、どれもまだ実用には程遠かった。ようやくいま、スマートフォンで現実的になったなと実感します」 https://t.co/ek7KgK3MCu 約1年前 replyretweetfavorite

masaaki_kaneko これは全くの間違い。むしろ調べるより早くアドリブで知識を出せて使えるようにしなければならない。 / ? (cakes(ケイクス)) https://t.co/NGLgRdILKW #NewsPicks 約1年前 replyretweetfavorite