改めて思う。なぜ、息子は東大に合格することができたのだろう。

田舎のキャバクラの店長である碇策行さんが、どのように息子さんの東大現役合格を果たすまでの子育てをしたのか。碇さんも妻も水商売で、年収は低い、社会的信用はない……「東大生の家は、裕福で、教育熱心で、親の学歴も高い、という典型があり、うちはまるでそこから外れている」と碇さん。
改めて思う。なぜ、息子は東大に合格することができたのだろう。息子さんを起点に考えることで一つの答えが出せそうだと碇さんは言います。
『田舎のキャバクラ店長が息子を東大に入れた。』より、第9回特別掲載、今回が最終回となります。

子供たちは、無限の可能性を持っている。

 息子はなぜ、東京大学に合格できたのだろうか。  
 幼いころから東京大学を目指していたとしても、合格できたのだろうか。

 息子が幼いころ、私は息子を東京大学へ進学させようなどとは微塵も考えていなかった。ただ、笑顔で生きていけることだけを願った。そして、自分の人生を自分の手で切り開いていけるだけの自信を身につけさせようと思った。それができれば、『親としての役目』は果たせるのではないかと考えていた。  
 高校入学以来、好き勝手な生き方をして、勉強をほとんどしてこなかった私が息子に教えられることは少ない。私が『教える』のではなく、息子自身が持つ可能性を引き出したい。『考える』ことを大切にして、『考える』時間を与えるように接してきた。  
 私は子供のころ、母の望むように、感情を押し殺しながら生きた。子供は親の望むように生きる。親の気持ちを推し量る。子供はみな、親に好かれたい。自分に目を向けてほしい。そして褒められて、抱きしめられたい。だから、子供たちは親の望むようにしようとする。たとえそれがつらく悲しいことだとしても。親が望むなら。

 子供たちは、親も気づきにくい無限の可能性を持っている。その子供たちの持つ無限の可能性を引き出すことができるのは、親や先生といった身近な大人たちだ。引き出すと言っても、それほど難しいことではないように思う。  
 子供を信じて、子供の声を聴き、寄り添って見守ることで、子供の無限の可能性は引き出される。赤ちゃんは、手にしたいものを見つけると手を伸ばす。手を伸ばしても届かなければ、背伸びをする。そしてそのものを手にすると、必ず天使のような微笑みで親のほうに振り向く。そこに見守ってくれている親がいることをわかっているからだ。
 子供たちは振り返ったとき、そこに見守る親がいるから、安心して手を伸ばし背伸びをする。手を伸ばし背伸びすることで、子供たちは成長していく。そこに見守ってくれる親がいるから成長していくのだ。  
 うまくいかなかったときでも、抱きしめてくれる親がそこにいるから挑戦できる。挑戦することで、それまでうまくできなかったことがうまくできるようになる。そしてまた、新たなことに挑戦する。すぐにはうまくできないことでも、それまでの経験を生かし、自分で考え、繰り返し挑戦することでいずれできるようになっていく。  
 そして、できるようになると子供たちは、見守る親のもとへ駆け寄ってくる。抱きしめてもらうために。  
 子供たちは、身近な大人の愛を実感できれば、自分の持つ無限の可能性を伸ばそうとする。子供たちの無限の可能性を信じる大人たちの期待に応えようとしていく。子供たちの『やる気』を引き出すことが、身近な大人の役目なのだ。口で言うだけでなく、大人自らの行動、自らの『背中』で語ることが重要なのだと思う。

安心感があれば、子供は勇気を持って歩みだす。

 できないことは、悪いことではない。  
 間違えること、失敗することはいけないことではない。  
 大人たちにとっては簡単なことでも、子供たちにはできないことは多い。大人たちも振り返ってみれば、はじめからそれができたのかといえば、そうではない。大人たちもはじめてのときは失敗していた。しかし、ときがすぎ大人になると、まるではじめからできていたというように、『失敗したこと』を記憶の中から消し去る。だから、子供ができないことが許せない。失敗が許せない。  
 子供たちに『失敗を恐れずに挑戦する勇気』を持たせることができれば、子供たちは無限の可能性を発揮する。その『勇気』を持つためには、身近な大人に見守られている、愛されているという『安心感』がなくてはならない。子供たちに「失敗しても大丈夫」と思わせることが必要なのだろう。

 残念ながら、子供のころの私には、その『安心感』がなかった。愛されていると実感できなかった。勇気を持つことができなかった。「甘えていた」と言ってしまえばそれまでだが、正直なところ、それどころではなかった。身近な大人を信じることができなかった。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

勉強法ではなく、人の育て方 が見えてくる底辺のストーリー。

この連載について

初回を読む
田舎のキャバクラ店長が息子を東大に入れた。

碇策行

田舎のキャバクラの店長である碇策行さんが、どのように息子さんの東大現役合格を果たすまでの子育てをしたのか。 出会った1000人以上のキャバクラ嬢や両親に棄てられた過去を持つ自身の生立ちから、我が子には同じ思いを味あわせたくない一心で...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Singulith >「子供たちに『失敗を恐れずに挑戦する勇気』を持たせることができれば、子供たちは無限の可能性を発揮する 〜子供たちに「失敗しても大丈夫」と思わせることが必要」   https://t.co/6JB2oKwGLS 約3年前 replyretweetfavorite

togamaru8 学生さんとか、全世代にいいと思う。「自分はこんな風に育ててもらってない、だから自分はダメなんだ、それは自分のせいではなかったんだ」と、時には思っていいと思った https://t.co/v2zCYQelMA 約3年前 replyretweetfavorite

tipi012011 素晴らしいです。中々出来ませんが頑張ります。 約3年前 replyretweetfavorite

moe_sugano シリーズ最後。ぜひ読んで。 約3年前 replyretweetfavorite