忙しい」を言い訳にしてない?全部仕事のせい病【後編】

妹に金の無心をされるも、うやむやにしようとしていた陽太。ずんずん先生から下された病名は「全部仕事のせい病」。この病を克服する鍵は「あらゆる役割は、すべて自分で選択したものである」と自覚することだと言いますが……。グローバル企業の実態をおかしく描いた『外資系はつらいよ』で人気のずんずんさんの連載です。


仕事が忙しいと、なんでも面倒くさくなりますよね。

あれ? これって私だけ?

それとは逆に、仕事が忙しいとストレス発散と称して人に会いまくる人もいますよね。

仕事から離れて一人になりたい。
旅に出たい。
田舎暮らししたい。
チーズ蒸しパンになりたい……。

そんな妄想めいた思いが浮かんでは消えていきますが、なにはともあれ、生活のためには毎日日銭を稼がなければいけません。


でもどんなに疲れていても、戦わなければいけないときがあります。

23時に家に帰ったら妻が泣いている。
「息子が万引きした」と泣いている……。

ならば、

「おっと☆ 俺は疲れてるから話は明日な」

などと言っている場合ではありません。

人には、人それぞれの役割があります。

社会人として、会社の構成員としての役割
家庭でのよき父、よき母としての役割
またはよき友人としての役割

すべての役割は、自分がしてきた選択の結果です。

どう会社で働いていくか
どう家族と関わっていくか

知らず知らずのうちに、人は選択を繰り返し、どのような役割を果たすか、自分自身で決めていっています。
そして、その役割の中で問題が起こったとき、どういった行動を取るかも自分の選択です。

息子が万引きしたのなら、俺は疲れているんだと不機嫌になっている場合ではありません。
やるべきことは、深夜の何時であっても、息子と対話することです。

仕事が忙しいとあなたが口に出すとき、それは、本当は対面したくない現実から、仕事を言い訳にして逃げているだけではないでしょうか?

うねるようにやってくる面倒くささを乗り越えて、本当にやるべきことを見つめなおしてください。

そのやるべきことを行動に移すとき、あなたが心に感じるのは義務心でしょうか?
それとも自分の決断した選択だと感じるでしょうか?

義務だと感じたとき、心は非常に重く感じるでしょう。
しかし、自分自身の選択であると決断したとき、人の心には本当の勇気が湧いてくるのです。


陽太「本当の勇気……」

はて……と陽太は思いました。それと同時にまたもや面倒くさいなと思いました。

陽太「僕が兄だからって、妹の面倒をみなきゃいけないなんてフェアじゃないですよお」

そう言いながらも、陽太は未来ちゃんが小さいころのことを思い出しました。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
Dr.ずんずんの社会人お悩みクリニック

ずんずん

自分の会社に不満を抱えている青年、出来内陽太(デキナイ・ヨウタ)。「こんな会社もうやめたい」と日々愚痴っている陽太の前に現れたのは、「産業メンヘラ医」を名乗る謎の女で……!? グローバル企業の実態をおかしく描いた『外資系はつらいよ』で...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

mjhd_devlion ほぉーん? 4年弱前 replyretweetfavorite

zunzun428 そんな俺の連載も今回は兄弟愛だからよろしくな! https://t.co/KKPheoApCb 4年弱前 replyretweetfavorite

neohawk ずんずんが良いこと言ってる! 4年弱前 replyretweetfavorite

i_n_m_16 「すべての役割は、自分がしてきた選択の結果」・・・そうだよねぇ。自分がつまらないのは、つまらない選択をしてきた結果。 4年弱前 replyretweetfavorite