逃げ切り世代

第9回】[リストラ]50代から40代まで低下 低年齢化進む退職勧奨

景気回復で一巡したように見える企業の人員削減。しかし、「追い出し部屋」など表に出ない退職勧奨はいまだに一部で横行し、現役世代を苦しめている。

 企業の人員削減が見かけ上一巡したことをうかがわせる調査データが相次いでいる。

 東京商工リサーチによると、主な上場企業における希望・早期退職の実施企業数は、2015年で32社。2000年の調査開始以来、2年連続で過去最低だった。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

週刊ダイヤモンド

この連載について

初回を読む
逃げ切り世代

週刊ダイヤモンド

順風満帆なサラリーマン人生を送り、老後は優雅に第二の人生を楽しむ──。少子高齢化や財政悪化が猛スピードで進み、国の姿が大きく変わる中で、そうした人生は限られた“世代”にしかかなわぬ夢となりつつある。これからの人生で、あなたの世代は逃げ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

zaomuyou こわ。50代から40代まで低下 低年齢化進む退職勧奨|週刊ダイヤモンドhttps://t.co/qzXh0b1qAL 約4年前 replyretweetfavorite