逃げ切り世代

第14回】[教育] 学費のために風俗“落ち”も 「下流大学生」の悲惨な現実

海外旅行やサークル活動、そして合コン──。そんな青春を謳歌する大学生像は一部のドラ息子・娘を除き、今や昔の話。奨学金という名の借金を背負い、生活苦にあえぐ学生が急増中だ。
 「このバイトをやっていて良かったことなんて一つもないですね……」

 毒々しいネオンサインが溢れる都内の繁華街。デリバリーヘルス店で働く美央さん(仮名・21歳)は、そうつぶやいた。同店の売り文句は「女子大生専門」だ。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

週刊ダイヤモンド

この連載について

初回を読む
逃げ切り世代

週刊ダイヤモンド

順風満帆なサラリーマン人生を送り、老後は優雅に第二の人生を楽しむ──。少子高齢化や財政悪化が猛スピードで進み、国の姿が大きく変わる中で、そうした人生は限られた“世代”にしかかなわぬ夢となりつつある。これからの人生で、あなたの世代は逃げ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

KeKKero  「下着をはき替えさせられたり、体をなで回されるだけだったり。私は稼げるからいいけど、年金がこんな形で使われるのは……」殴りたい。 3年弱前 replyretweetfavorite

megamurara そうなのか。 3年弱前 replyretweetfavorite