逃げ切り世代

第11回】[就職] 非正規、失業、再就職── 容易に越えられない格差の壁

その時々の景気に翻弄される就職戦線。果たして“逃げ切り”ラインはどの世代にあるのか。その分水嶺は、想像を絶するほど大きな世代間の格差を生み出している。

 「昔はバブルっていう時代があった“らしい”のですが……」

 そう切り出したのは、都内でアルバイトをしている「さとり世代」の太田健一さん(仮名・25歳)。現在、ハローワークで正社員を目指して就職活動中だ。現在の収入は、週5日勤務で月額14万円と話す。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

週刊ダイヤモンド

この連載について

初回を読む
逃げ切り世代

週刊ダイヤモンド

順風満帆なサラリーマン人生を送り、老後は優雅に第二の人生を楽しむ──。少子高齢化や財政悪化が猛スピードで進み、国の姿が大きく変わる中で、そうした人生は限られた“世代”にしかかなわぬ夢となりつつある。これからの人生で、あなたの世代は逃げ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

rcs00731 興味深い世代間就業格差のデータ。 4年弱前 replyretweetfavorite