逃げ切り世代

第4回】インフレ狙うアベノミクスは世代間格差を解消できるか

島澤 諭(中部圏社会経済研究所チームリーダー)

 2012年末に誕生した第2次安倍内閣は、財政再建に際し、歳出の削減や社会保障制度の抜本的な改革に関しては後ろ向きで、もっぱらインフレと経済成長による税収の増加で対応しようとしている。

 日本銀行のサポートを得た金融政策によって企業業績などは回復、税収の増加をもたらすなど、安倍内閣の財政再建路線は順調といっていいかもしれない。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

週刊ダイヤモンド

この連載について

初回を読む
逃げ切り世代

週刊ダイヤモンド

順風満帆なサラリーマン人生を送り、老後は優雅に第二の人生を楽しむ──。少子高齢化や財政悪化が猛スピードで進み、国の姿が大きく変わる中で、そうした人生は限られた“世代”にしかかなわぬ夢となりつつある。これからの人生で、あなたの世代は逃げ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません