トランプを倒すため女性大統領×女性副大統領のペアが誕生する?

2016年はアメリカ合衆国大統領選挙の年! ヒラリーが民主党の指名候補となるのはほぼ確実なようですが、まだまだサンダースの抵抗は続きます。共和党のトランプとの本選を考えると、悠長なことは言っていられないようで……。そこで浮上してくる副大統領候補は「女性版サンダース」だそうです。
アメリカ在住の作家・渡辺由佳里さんによる、アメリカ大統領選のやじうまレポートをぜひお楽しみください。

共和党はトランプが指名候補に必要な代議員数を確保したので実質的に予備選は終了した。
しかし、民主党はまだ、9つの地区の予備選が残っている。このなかでも特に6月7日が重要だ。

6月4日 ヴァージン諸島
6月5日 プエルトリコ
6月7日 カリフォルニア、モンタナ、ニュージャージー、ニューメキシコ、ノースダコタ、サウスダコタ
6月14日 ワシントンDC

なぜかというと、ヒラリーはすでに2309を獲得しており、スーパー代議員(特別代議員)を含めた勝利に必要な「マジックナンバー(過半数)」は2383で、その差は74。
つまり、6月7日にヒラリーがマジックナンバーに達し、民主党の指名候補の座を確実にすると見られているからだ。

なにも時間の問題という退屈な話をしたいわけではない。
あとでくわしく述べるが、ヒラリーとサンダースが長く戦えば戦うほど、本選(共和党のトランプとの争い)に影響が出るから、まだまだ悠長に構えるわけにはいけない。

文字通り、まだ本番は始まっていないのだ。

サンダース陣営の抵抗

サンダース陣からは「党のエスタブリッシュメントであるスーパー代議員が圧倒的に支持しているせいでヒラリーが優位になっているのはアンフェアだ。有権者の意志に反する」、「予備選のシステムは不正操作されている(rigged)」という反論が出ている。

たしかに、州によってルールが異なる予備選のシステムは複雑で非論理的なものが多い。それが不公平に感じることはあるだろう。

しかし、このどうしようもない予備選システムはずっと前からあったもので、民主党がヒラリーを勝たせるために今年作ったものではない。

『シグナル&ノイズ』の著者で、2008年と2012年の大統領選挙を誰よりも正確に予測した天才データサイエンティストのネイト・シルバーも、ブログで「システムは、サンダースに不利になるように不正操作はされていない」と説明している。
この記事にもあるが、それが明らかなのがワシントン州の予備選だ。

ワシントン州には、なぜか予備選が2つある。ひとつは「党集会(コーカス)」で、もうひとつは「投票(プライマリ)」だ。
参加者が会場に集まって何時間も討論しないと投票できない「党集会(コーカス)」のシステムでは、仕事がある人、身体が不自由な人、小さな子どもがいる人、老人などが投票に参加できない。また、自分の支持を明らかにしなければならないので、本当は別の候補に投票したくても、伴侶や職場の上司の意見に従うしかないこともある。

そんな「党集会(コーカス)」より、不在投票や手紙投票などがある「投票(プライマリ)」システムのほうが公平だというのは言うまでもない。

だが、ワシントン州で民主党が代議員を割り当てるのは「党集会(コーカス)」のほうだけなのだ。3月26日に行われたコーカスでは、72.7%対27.1%でサンダースが圧勝し、大量の代議員数を獲得した。しかし、5月24日に行われた「投票」では、54%対46%でヒラリーが勝ったのだ党集会参加者が23万人だったのに比べ、「投票(プライマリ)」の投票者は70万人を超えていた

民意は、ヒラリー支持ということになるが、この「投票」の勝利でヒラリーが得た代議員数は「ゼロ」だ。「代議員の数に反映しないのに、なぜ投票するのか?」と不思議に思う人はいるだろう。だが、「党集会」に参加できない有権者も、ちゃんと自分の意見を表明したいのだ。それを考えると、「投票(プライマリ)」結果のほうが、「党集会(コーカス)」より有権者の意志をきちんと反映している。これが逆の立場なら、サンダース陣は「不公平だ!」と言うにちがいない。

イギリス生まれの知的なコメディアンのジョン・オリバーもユーモア混じりに説明しているが、たしかに予備選のシステムはおかしい。でも、どのシステムを使っても、どんなシナリオでも、ヒラリーのほうが有権者の支持が多く、予備選に勝っているのは紛れもない事実なのだ。

CNNの記事にあるグラフを見るとよくわかる。


CNNの記事にあるグラフ

ルールの変革は以前から必要だったが、いったん予備選が終わると、文句を言っていた人たちも興味を失う。だから、システムは直らず、毎回怒る人が出てくる。ゲームの途中でルールを変えるのは、それこそ不公平だ。だから、オリバーが示唆するように、現在怒っている人は、ぜひ来年がんばって変える努力をしてほしい。

ところで、2008年のオバマ対ヒラリーの予備選は、2016年のヒラリー対サンダースよりもずっと接戦で、スーパー代議員がそのままならヒラリーが勝っていただろう。だが、終盤になってオバマのリードが明らかになってきたとき、ヒラリーを支持していたスーパー代議員はオバマ支持に乗り換えた。
スーパー代議員の制度は、党が支援できないトランプのようなポピュリストが指名候補になるのを防止するためにあるのだが、制度ができてからこれまでに、スーパー代議員が候補の勝敗を決めたことはないという。

それでも「スーパー代議員は不公平では?」という人のために、スーパー代議員を取り除いた代議員(pledged delegateと呼ばれる)だけで数えてみよう。
この過半数であるマジックナンバーは2026だ。

現時点では、ヒラリーが1769で、サンダースの1497を遥かにリードしている。サンダースが逆転勝利するためには、今後すべての州で圧勝して67%以上の代議員を獲得しなければならない。代議員数が多いニュージャージーとカリフォルニアの世論調査ではヒラリー有利と出ているし、たとえサンダースが勝てたとしても圧勝するのは無理だ。ヒラリーがたとえ負けても、6月7日に代議員数は十分過半数に達する。

絶対にあり得ないとは言えないが、サンダースの大逆転はほぼ不可能と言えるだろう

民主党の副大統領候補にサンダースは見込み薄?

さて、6月7日にヒラリーが勝利を決めたら、次の注目は副大統領候補の発表だ。

以前「勝利に王手をかけたヒラリーのエンドゲーム」で候補として囁かれている人々を簡単に紹介し、サンダースが選ばれる可能性を予測したが、その後、状況は変化しているのでそれを説明しよう。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

大統領選がわかる、楽しめる! この連載が書下ろしを加え、電子書籍になりました!

この連載について

初回を読む
アメリカ大統領選、やじうま観戦記!

渡辺由佳里

みなさん、2016年は4年に一度の祭典、オリンピック!ではなく、いいや「アメリカ合衆国大統領選挙」の年です。世界情勢にもつよい影響をおよぼす、オバマ大統領につづく大統領は誰なのか? アメリカ在住の作家・渡辺由佳里さんが、このビッグイベ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

YukariWatanabe サンダースを副大統領候補に選ぶことはないのは、けっこう前から予測していました。今後、ウォーレン、ケイン、カストロの3人のうち誰が選ばれるかに注目!> 約1年前 replyretweetfavorite

YukariWatanabe マサチューセッツ州選出、左寄りリベラルとして有名な上院議員エリザベス・ウォーレンがヒラリー支持を表明。ウォーレンはこちらの記事で書いた人>https://t.co/W6z8aYC0PY https://t.co/x5pm4nwwYj 約1年前 replyretweetfavorite

YukariWatanabe 今後の注目は、ヒラリーが誰を副大統領候補に選ぶのか> 約1年前 replyretweetfavorite

y_mat2009 こう言う変なギミック使ったら、サンダース陣営がインディペンデンスとして最後まで残って、票を食い合って自滅するだけじゃないかな。 約1年前 replyretweetfavorite