天才のつくり方

第3回】ハーバードで、マイケル・サンデルに「説得力」を学ぶ。

ハーバードの教授と、日本の大学教授の一番の違いはとは何か。今回はこの問いから、イノベーションやサイエンスの分野において力を発揮する、ある「力」についての話が展開する。 若き理論物理学者・北川拓也と、日本に拠点を置き、縦横無尽に活躍する脳科学者・茂木健一郎。両者の対話によって、日本とアメリカの文化、教育の違いを浮き彫りにしつつ、沈み行く日本がここから変革を起こすことができるのかを探る。

「答え」がひとつではないのがリアル・ワールドだ

北川 茂木さん、僕が感じている、ハーバードの教授と日本の大学教授の大きな違いってなんだと思いますか?

茂木 おお! それはおもしろい観点だね。なに?

北川 それは、人を説得して、動かす力の大きさです。

茂木 ほう。

北川 ファンディング(資金調達)の仕方もまったく違うんです。ハーバードの教授は、自分の研究の必要性や重要性を、外部に訴えるのが本当にうまい。たぶん、日本の大学教授が、アメリカでファンディングしていくことは難しいかと思います。説得力をつけることは、僕自身がハーバードで学んだことでもあります。最も大きな学びだったかもしれません。

茂木 へえ、どうやって学んだの?

北川 エッセイの課題からです。僕、マイケル・サンデル教授の、政治哲学の観点から正義とは何かを考える「JUSTICE」の講義(日本ではNHK「ハーバード白熱教室」として放送)をとっていたんです。あの講義は、テレビで放送していた大教室の授業とは別に、サブグループに分けたSectionというクラスがあるんですよ。そこでは、少人数でディスカッションなどをするんです。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ケイクス

この連載について

初回を読む
天才のつくり方

茂木健一郎 /北川拓也

日本経済が停滞して久しい。一方で、アメリカではIT産業の新しい成功モデルがどんどん生まれている。この違いはどこにあるのか。 ここで登場するのが2人の天才。高校卒業後、8年間ハーバード大学で活動している理論物理学者・北川拓也。一方、1...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード