​『海よりもまだ深く』 私たちは幸福になれなかった

いくつもの話題作を手がけてきた是枝裕和監督の最新作『海よりもまだ深く』。ぱっとしない生活を送る主人公の中年男と、彼を取り巻く家族の物語から見えてくるものとは何か。ブロガーの伊藤聡さんが読み解きます。

2013年のカンヌ国際映画祭審査員賞を得た『そして父になる』(’13)、2015年の日本アカデミー賞作品賞、監督賞に選ばれた『海街diary』(’15)など、いまや人気・評価ともに日本トップレベルの監督となった是枝裕和。今作では、是枝作品に4度目の出演となる阿部寛を主役に据え、さらには真木よう子、樹木希林、リリー・フランキーといった常連メンバーで周囲を固めた。監督が育った団地を舞台にした家族ドラマである。

主人公は小説家の中年男性。15年前に文学賞を取ったはいいが、作家として生計を立てるにはいたらず、興信所勤めで糊口をしのいでいる。ギャンブル好きの性格がたたってか、妻ともすでに離婚している。11歳の息子との面会を心待ちにする彼だが、養育費すら滞納するありさまだ。

本作において主人公は、奇妙に安定した低空飛行を続けている。せまいアパートにひとりで暮らす貧しい男だが、不幸のどん底に突き落とされるわけでもない。ギャンブルで散財する悪癖はあるものの、どうにか最低限の収入は確保できているようだ。過去の是枝作品、たとえば『誰も知らない』(’04)における家族の死や、『そして父になる』で描かれる子どもの取り違え(同じ病院で同じ日に産まれた別の子どもを、知らずに6年育てたことが発覚する)といったショッキングなできごとは用意されていない。

本作におけるあらかたの不幸(父の死、離婚)は、すでに終わった過去としてしか描かれない。かくして、灰色の日々は沈鬱でありつつも、それなりの安定感を持ち始める。こんな境遇に甘んじている自分ではない、小説家として再起の可能性が残っているはずだと信じたい主人公にとって、この安定した低空飛行は息苦しく、窮屈であろう。主人公がつねに感じる窮屈さが、189cmという阿部寛の高身長を利用して、視覚的に描かれるのが本作のユニークさである。

背の高い主人公は、さまざまな場所で頭をぶつけないように首をすくめ、前かがみになり、足腰を曲げなくてはならない。電車のドア、駅の立ち食いそば屋ののれん、団地の玄関、質屋の入口。さらには、車の助手席、風呂場、公園の遊具といった狭い場所に、大きな身体をむりやりに押し込む場面も連続する。こうしたショットのどれもが、自分にはもっとふさわしい場所があるという主人公の違和感を暗示しているようだ。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ケイクス

この連載について

初回を読む
およそ120分の祝祭 最新映画レビュー

伊藤聡

誰しもが名前は知っているようなメジャーな映画について、その意外な一面や思わぬ楽しみ方を綴る「およそ120分の祝祭」。ポップコーンへ手をのばしながらスクリーンに目をこらす――そんな幸福な気分で味わってほしい、ブロガーの伊藤聡さんによる連...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

yamori_ash 観たいけどどうしようかなって思ってたんだよね。。。観る。 3年以上前 replyretweetfavorite

iwatiger なんて素晴らしい文章を書くの。 3年以上前 replyretweetfavorite

koumotoko 『海よりもまだ深く』 私たちは幸福になれなかった| 3年以上前 replyretweetfavorite

zzzz130130 『海よりもまだ深く』 私たちは幸福になれなかった| 3年以上前 replyretweetfavorite