ディズニーだからって回避しててごめんよ『ズートピア』

ひさしぶりに映画感想文を更新します! ディズニー映画を避けがちだったという江波さん。『ズートピア』はどうだったのでしょうか?(そういえば江波さんはバニーガールが闘う小説を書いていらっしゃいます)毎月どの映画を観ていただくか悩んでいるので、江波さんに感想文を書いてほしい映画も募集しております!!

■『テラフォーマーズ』も観たんだけど

  ゴールデンウィークの混雑を回避してズートピアを見て参りました。とにかく大型連休中に、映画館だの遊園地だの行楽地だのに行くと悲しい気持ちになる。フツーの日曜日とかより明らかに「大型連休なので何かしよう、何かしなくちゃ」という客が溢れるので、信じがたいほどマナー悪い人とかいる。大概の事は気にしない僕ですが『テラフォーマーズ』見てる時とか上映中の私語が酷くて、さすがにいいから黙って見てほしいという気持ちに。ちなみに『テラフォーマーズ』のレビューは「ゴキブリが苦手だから」という担当者の私的な理由で書けません。

 大型連休を回避したら、まあいつものごとく「まばらに客がいる」という大変心地よい空間となっていました。映画産業も大変らしいですが、客として行く分にはそのぐらいがちょうどいい。 ディズニー映画は滅多に見ないのですが(『アナと雪の女王』は見てない。『ベイマックス』は見た)、さすがのディズニーって感じになってました。

■動物擬人化のプロ、それがディズニー

 いろんな動物が同居するズートピアが、いろんな動物の住む環境に合わせたエリアごとに区分けされてるとこなんてディズニーランドの構成そのものですし。公共の乗り物にも大型獣から小型獣まで出口が別れてたりとか、「様々な動物が暮らしている」感の見せ方は大したもんでした。

 よく最近のディズニーは社会派な側面があるみたいに言われてるんですけど、ズートピアは割と直球で他人種が混在して生活している中で生まれる差別や偏見とかを描いてて、暗喩じゃなく直喩で来たなって印象でした。まあつうか当たり前なんですけどね、そもそも種そのものが違うので。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

SFマガジン

この連載について

初回を読む
江波光則映画レビュー

江波光則

6月下旬に終末SF『我もまたアルカディアにあり』を刊行した江波光則氏。 もともと映画がお好きな江波氏に、「終末」つながりで「マッドマックス 怒りのデス・ロード」を見た感想をまとめていただきました。

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

nobyta_ なんか今回は毒が足りない感。つーかもういい加減あちこちでいろんな人が語ってるのでそれに比べると無難というかなんというか 3年以上前 replyretweetfavorite

Hayakawashobo 本日更新です 3年以上前 replyretweetfavorite

GeeeeN2525 その気持よくわかる。俺もここんとこは割と意図的に避けてたところあるけどズートピア見て ああ、見てみてもいいかなって思った。 3年以上前 replyretweetfavorite