ブス図鑑

職業=ブス」は「職業=SASUKE」ぐらいカッコいい

第8ブスは、「ビジネスブス」。第5ブスの「ワーキングブス」とは異なる新たなブスの登場です。地球上のあらゆる生物が細かく分類されているように、ブスの種類も多種多様に細分化しています。ただのブスもいれば、ブスを何らかの形で生かしているブスもいるのです。せっかくブスに生まれたのなら、その道を極めるのも悪くありません。「ブス図鑑」は、迷えるブスの生きる道をほんの少しだけ明るく照らしてくれることでしょう。

ブスの仮面を外したら、もっとブスが出てくることもある

今回のテーマは「ビジネスブス」である。

第5ブスのテーマ、「ワーキングブス」とかぶっているような気もするが、「ワーキングブス」は「働くブス」もしくは「働いてるけどブス」であるのに対し、「ビジネスブス」は「仕事としてのブス」。つまり、「お仕事は?」と聞かれたら「ブスです」と答えるブスのことである。
「職業=ブス」。カッコいい。「職業= SASUKE」ぐらいカッコいい。

しかし、職業というからには、ブスであることにより何らかの利益を生み出していなければならない。萌えキャラを延々と模写しているだけの人間が、「クリエイターです」などと名乗ってはいけないのと同じように、ただブスなだけでは、名刺に「ブス」と書いてはいけないのだ。

つまり「ビジネスブス」とは、ブスであることで利益を得、それをわかった上でブスをやっている「プロブス」のことである。ぜひ、「プロ彼女」に続く、女の勝ち組モデルとして女性誌で特集を組んでもらいたい。

仕事上でのブスといっても、普段ブスを装ってはいるが、いざという時にはブスの仮面を外し美女として活躍できる特命係長のようなブスというわけではない。それはマンガやドラマの中の話だけであり、いつもブスな女はここぞという時もブスだし、むしろブスの仮面を外したら、もっとブスが出てきたという厳しい展開になる方が多い。

そもそも、ブスである利益とは何なのか。「妻を亡くしてから失った笑顔を、君の顔を見て30年ぶりに取り戻した」と、シルクハットの老紳士に3万円渡されたというのなら、確かにそれはブスによる収入だが、そんな事を言われたら、紳士が取り戻した笑顔を暴力によって再び奪ってしまうだろう。

例えば芸能界、特に芸人の世界であれば、ブサイク、ブスを売りにしている者は多くいる。彼らの場合は、笑いを取ることが莫大な利益につながるのだから、逆に武器ともいえる。しかし、一般の女性が顔で笑いを取って、5円とか10円の投げ銭をもらって嬉しいかと言われると、どう考えても失うものの方が多い。「やったぜ」と思えるのは50円からだ。

〝ジュディ・オングブス〟こそが「デキるブス」
この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

「ブス図鑑」は、ここから始まった!! ブスと男女の本質をついた名言満載、ブス必読コミック!(全1巻)

この連載について

初回を読む
ブス図鑑

カレー沢薫

「ブスに厳しいブス」と自負し、ブスのことになると、どこまでも熱くなりすぎるカレー沢薫さん。この連載コラム「ブス図鑑」は、漫画『アンモラル・カスタマイズZ』発売時の販促として「1日1ブス」を掲げ、読む者に涙と笑いを与えた同名の特設ブログ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

terram_caelum 「 職業=ブス」は!! https://t.co/iXqVUDGeVx 約3年前 replyretweetfavorite

leonidas32 「自らの欲求を自己完結できないから、他者に認められようとしてしまうのである。」は深い洞察からくる言葉だと思う。 3年以上前 replyretweetfavorite

alicelabo117 かっこよくて震えました! 約4年前 replyretweetfavorite

garnet12  意外にも読みごたえがあった・・・ 約4年前 replyretweetfavorite