第17回】個人輸入で蔓延する勃起サプリ 医薬成分混入で副作用が続出!

勃起不全(ED)の悩みを抱えている中高年の男性も少なくないが、病院で処方してもらうのは恥ずかしいと、個人輸入する人が急速に増えているという。だが、大きな危険も潜んでいる。

 「効果はものすごい。いつにも増して元気になるし回復力もすごい。しかし、のぼせたようなだるいような感覚が続いて……」

 長い間、夫婦生活に悩んでいた都内に住む40代の男性は、最近、インターネットの個人輸入サイトで、「勃起不全(ED)」に効くというサプリメントを購入した。

 中国産で、いかにも元気が出そうな名前。しかも、ホームページには化学成分が入っているバイアグラとは違い、多様な天然生薬を配合しているので副作用の心配もないと書かれている。決め手は「バイアグラより強力」の一言だった。

 男性は、それまでさまざまな商品を試してきた。最初は、アンデス原産の「マカ」だった。

 「自信をなくしたあなたに」「みなぎる活力」などといった言葉に引かれてしばらく服用してみたが、体が熱くなる感覚こそあったものの、肝心な効果は実感できなかった。

 次に試したのがバイアグラ。さすがは勃起不全治療薬だけのことはあって効果てきめん。しかし顔が火照ったり、胃が痛んだりといった副作用に悩まされ、飲むことを断念してしまう。

 それでも諦め切れなかった男性がたどり着いたのが、中国産のサプリだった。

天然由来といいながら
バイアグラの成分が検出

 だがこの商品、実は厚生労働省から、有効性や安全性が確認されていない「無承認無許可医薬品」として、健康被害が生じる可能性が指摘されているものだった。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

週刊ダイヤモンド

この連載について

初回を読む
飲む前に読む 健康食品・サプリのウソホント【4】~消費者だましのテクニック

週刊ダイヤモンド

参入障壁が低く、玉石混交の健康食品業界。売るためには、手段を選ばないメーカーも少なくない。売り方のカラクリを知って、賢く購入してほしい。※この連載は、2012年11月24日号に掲載された特集を再編集したものです。(c)Anna Mer...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません