仲間に入りたい

人は一人では生きていけません。どうしても仲間やグループが必要になります。それだけに、仲間外れにされるのは怖いものです。今回の林伸次さんのコラムは、そんな仲間外れのお話。なんとなく疎外感を感じた時、みなさんだったらどうしますか?

人間の脳が求める3つの欲求

いらっしゃいませ。
bar bossaへようこそ。

ある脳科学者によると、根本的に人間の脳がやっていることは「生きたい」「知りたい」「仲間になりたい」、この三つだけらしいんですね。やっぱり僕たち人間にとって「仲間になりたい」って重要事項なんですね。

SNSの普及によって「こことここは仲がいいんだ」とか「ここは一つのグループなんだ」とか「このグループとこのグループは仲が悪いんだ」とかが、見てわかるようになりましたよね。そして悲しいことに「あれ、自分ってこのグループに入れてもらえないんだ」っていうことも気がつくようになりました。

「その人たちとは仲が良い」、「自分はその人たちのグループの一員だ」とずっと信じていたのに、「あれ、自分ってこのグループに入れてもらえてなかったんだ」ってSNSで気がついた瞬間ってありますよね。僕も実際に何度か「あれ、自分ってこのグループに入れてもらえてないんだ」って感じたことがあります。

その場合こんな理由が考えられます。

1.同人誌やバンドや劇団といった「一定の才能が必要な場合」、あなたにはそのグループに所属する「才能」がないと主催者および主要メンバーに判断された。

2.「お金持ちグループ」や「お洒落さんグループ」や「◯◯関係者グループ」といった、そのグループに参加するには「ある方向の種族でなければならない」という基準が暗黙の了解で決められていて、そのグループのメンバー達があなたを「その資格あり」と認めなかった。

3.いわゆる一般的な「仲良しグループ」の場合、ただ単にあなたの普段からの言動や他人との付き合い方に「問題あり」とそのグループのメンバー達に判断された。

だいたい「仲間にいれてもらえない」のはこの3つのどれかにあてはまるか、この3つが少しづつ関係あるという場合もありそうです。

さて、「仲間に入れてもらえていなかった」って気がつくと、本当に落ち込みますよね。だって僕たち人間の脳が考えていることの「3つのうちのひとつ」が「仲間になりたい」なのですから。ほぼ全員の方がこの「仲間に入れてもらえなかった」という経験を一度や二度はしていると思うのですが、それに気がついた後、どういう風に反応しましたか?

「仲間になりたい」が仲間になれなかったらどうする?
この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

渋谷のバーのマスターが教える、恋愛作法のエトセトラ。ついに書籍化!

ケイクス

この連載について

初回を読む
ワイングラスのむこう側

林伸次

東京・渋谷で16年、カウンターの向こうからバーに集う人たちの姿を見つめてきた、ワインバー「bar bossa(バールボッサ)」の店主・林伸次さん。バーを舞台に交差する人間模様。バーだから漏らしてしまう本音。ずっとカウンターに立ち続けて...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

rosebourbon なかなか上手く行かないよね、こういうのは。 2年以上前 replyretweetfavorite

poljazzwriter 前に同じようなネタのnoteを書いたのですが、林さんだとこうなるのか。勉強になりました。うーん、自分の文章に足りないものを突き付けられた感じ(苦笑) > 2年以上前 replyretweetfavorite

maneki_nekonyan 確かにそうですね・・ 仲間はずれされたり、仲間はずれにしたり。 相手に遠慮して(多忙だろうとか)声をかけない時もあるし。 そんなものだろうと思っていればショックが少ないかも。 2年以上前 replyretweetfavorite