キューバ危機・組織論・決定の本質

今回の「新・山形月報!」は、グレアム・アリソン(&フィリップ・ゼリコウ)『決定の本質』(日経BP社、Ⅰ~Ⅱ)を徹底レビューします。組織論の名著とされる本書の読みどころはもちろんのこと、初版と第2版の違いから考えるポイントなどもきっちりと紹介しています。

 ご無沙汰です。今回はグレアム・アリソン(&フィリップ・ゼリコウ)『決定の本質』(日経BP社、Ⅰ~Ⅱ)の話で、これをきちんと書くために間が空いてしまいました。本当だったら、もっとササッと流せたはずなんだけれど、それができなかった(怒)! なぜできなかったか、というのがまさに、今回のが長く&遅くなった理由でもありまして……。

1. アリソン&ゼリコウ『決定の本質』の概略

 この『決定の本質』の噂くらいは聞いた人も多いかもしれない。いや、そういう言い方は失礼だろうか。わざわざこんなコラムを読んでいる知識人教養人諸賢であれば、ほぼ常識に属するはず。組織論とか国際政治学みたいな分野での分析の概念的な枠組みを、1960年代末にまとめた本 (出たのは1971年) として今なお必読書と言われつつ、1977年に中央公論社から出た訳書はなぜかもうずっと絶版が続いていた。

日経BPクラシックス 決定の本質 キューバ・ミサイル危機の分析 第2版 I
日経BPクラシックス 決定の本質 キューバ・ミサイル危機の分析 第2版 I

 そうこうするうちに原著は、1999年にかなり加筆されて第2版が出てしまった(第2版でゼリコウが加わり、共著となっている)。そして……15年ほどかかってやっと邦訳が日経BP社から出た次第。なんでこんなに時間がかかったのやら。が、ともあれ出たのはすばらしい。待望の、と言っていいだろう。

  1.1. 組織の決定:3つの分析モデル

 で、何の本かというと……題名の通り、物事がどうやって決定されるかについての理論的枠組みを論じた本だ。決定といっても、個人ではなく組織の話。組織が何らかの決定をして動いたとき、それをどのように分析したらいいだろうか? この本は1962年のキューバ危機を例に、その考え方の枠組みを3つ示した(公務員試験にも出るので、覚えておいて損はないよ!)。

●合理的行為者モデル
●組織過程モデル
●政府内政治モデル

 要するに、組織として何か目的や理念があって、それを実現するための合理的なステップとして各種の決断が行われたはずだ、という分析が合理行為者モデルだ。ほとんどの分析が通常は採用するのは、このモデルだ。でも、そこには難点がある。いま述べた「何か目的や理念」というのは、やり方次第ではいくらでも考えられる。だから後付けでどんな説明でもできてしまうし、仮定と結論が同じ(「合理的なA国がBという行動をとったのは、それが合理的だからだ」)で終わってしまう。

 これに対して、政府や国のレベルになると、いろんな組織があって、それぞれは大なり小なり硬直してきて、決まったことしかできなくなる。そういう組織ごとの融通のきかなさを考えると、それをあわせて行われる最終的な決断や行動は、合理性とはずれてくるよ、というのが組織過程モデルになる。

 そして、世の中そんなきれいごとじゃ決まらねーんだよ、あっちの局長はこいつに恨みがあって意趣返しの機会を狙ってるし、こっちは以前の借りがあるので他の組織に頭があがらないし、この団体はこの話を口実に自分の組織の予算を盛ろうと企んでるし、こっちは歴史的な経緯から発言力が弱すぎる……などなど。そういった組織(およびその中の個人)同士の力学や駆け引きがすべての決断と行動を左右するんだよ、というのが政府内政治モデルだ。

 こう書くと、どれも当たり前だろ、と思う人も多いだろうけれど、当たり前のことをきちんと定型化してみせるのも学問の重要な知見だ。こうした枠組みを明確にすることで、かみ合わない議論も避けられることが多い。

  1.2.キューバミサイル危機の分析

 本書はそれをキューバ危機という、悪い意味で非常にヤバかった事件にあてはめてみせる。1962年という米ソ冷戦のさなかに、ソ連がいきなりキューバに核ミサイル基地を設置しかけ、それに対してケネディ大統領下のアメリカが海上封鎖で応じてソ連に撤去を迫り、そして最終的にフルシチョフ書記長がギリギリのところで撤去に応じたという3週間ほどにわたる事件となる。どちらかが、ちょっとでもちがう対応をしていたら、第3次世界大戦、いや世界終末の核戦争になりかねなかった、世界史上の一大事件だ。

 でも、この事件はよく見ると、ちょっと変だった。なぜかというと、そもそもソ連にとって、キューバにミサイル基地を作るなんてあまりに挑発的でリスク高すぎだし、アメリカがそれに対して行った海上封鎖はかなりしょぼい対応だったし、それでも結局はミサイルは撤去され、核戦争回避が実現されるという大きな成果があがってしまったからだ。全体として見ると合理的に動いているようで、個別のアクションを見ると合理性モデルだけでは説明がつけにくい。他のモデルを使うと、それぞれの行動についてもう少し踏み込んだ説明ができる。

 こうした事件についてのありがちな「分析」は、肝心なところで「そこでケネディがリーダーシップを発揮し~」とか「フルシチョフが、ふと手に取ったレーニン全集の一節を読んで我に返り~」といった、個人のパーソナリティや体験に落とし込んで事足れりとしてしまいがちだ。でも、そんなのは裏付けも応用力もない単なるお話で、分析の名に値しないし、理論でもなければ学問でもない。もっとまともな検討できるようにしようぜ、普遍性のある話をしようぜ、というのが、そもそもの著者の出発点だ。本書は、そういう属人的なお話を超えた分析の枠組みを示した。そして、そこに書かれた内容が、いまや当たり前に思えることこそ、本書のえらさを物語っているとすら言える。

 ……というのがこの本の概要だ。たぶん、このくらいは知っている人も多いだろう。ただ、名著とか必読書とかの噂を聞いた人は多くても、前述のように初版が長らく絶版だったこともあり、実際に読んだ人は限られるはず。初版は古本価格も高騰していて、7,000~8,000円くらいしていたので、このぼくも実物を手にして読んだのはかなり最近だった。決して手軽に読める本とはいえない。学者のまじめな分析だし、それに長い。今回出た第2版の邦訳はとっても分厚くて、上下巻で900ページ。でも、非常に勉強になる本だし、機会があれば(いや積極的に機会を見つけて)是非読もう。

2. この解説は困ったもんだ。

 が……どうしても苦言を呈しておきたいのが、この本の「解説」と称する代物だ。

 30年ぶりに邦訳が出るとなれば、この本の位置づけとか評価について、それなりに充実した解説があるだろうと期待するのは人情だと思う。これはどういう本なの? なぜそんなに評価が高いの? 刊行当時から、その評価はどう変わったの? そしてなぜわざわざ1991年に第2版が出たの? その第2版って、初版とどう変わったの? このくらいは説明してほしいところだ。そして、それがあれば、ぼくはこんな長ったらしい説明を書く必要はなかった。

ところが……本書の解説は、これを何一つ説明しやがらないのだ。曰く、

「初版とこの第2版を比較してどこがどう変わったのかという観点からの詳細な論評は、別の機会、別の書き手に譲ることにしたいが、本書を手にする人は、初版とは別の全く新しい本として読んで差し支えない」(II巻pp.451-452)

 譲るな〜〜〜!!

 おふざけでないよ、まったく。これを書いたのは、渡辺昭夫という国際政治学のそれなりにえらい人だそうな。本書のテーマや分析手法は、かれの専門分野の直球どまんなかのはず。その専門家が、本書の中身についてきちんと解説せずにどうするの? そして旧版とのちがいについて、数十年ぶりに出た第2版の解説で説明せずに、だれがどこでそれをやってくれるの? 編集者もまちがいなく、その作業をやるにふさわしい人材と見込んで、渡辺に依頼したはず。それをやらないなら、そもそも解説を引き受けないでほしい。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ケイクス

この連載について

初回を読む
新・山形月報!

山形浩生

経済、文学、コンピュータなどの多方面で八面六臂の活躍をする山形浩生さん。その山形さんが月に一度、読んだ本、気になる現象について読者にお届けする密度の濃いレポートです。

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

mikan___78 正恩とトランプのチキンレースに見える話もアリソンみたいな枠組で説明されるのかね https://t.co/quNJlI5Il3 2年以上前 replyretweetfavorite

agyrtria ううむ、これも5月20日更新で止まってんだよなあ、そういや⇒ 3年以上前 replyretweetfavorite

Polyhedrondiary この本について,cakesで山形浩生氏が紹介してた↓「解説」へのダメ出しが…。 3年以上前 replyretweetfavorite

yojik_ 久しぶりの更新だけどかなりの熱量で書かれている! 3年以上前 replyretweetfavorite