飯伏幸太の二団体退団は何を意味するのか?

プロレスキャスター・三田佐代子さんの新著『プロレスという生き方』からお届けしてきた飯伏幸太偏。最終回となる今回は、G1クライマックスの完走、業界初の試みとなったDDTと新日本プロレスの2団体所属、そして頸椎椎間板ヘルニアによる長期欠場など、限界を何度も乗り越えた飯伏選手が、次に挑戦する新たな試みについて。飯伏が二団体の退団をしたことを、ファンはどのように受け止めればいいのでしょうか。

覚醒

 結果からいって飯伏幸太は初めてのG1を完走した。しかも、途中で稀代のアーティスト肌のレスラーである、中邑真輔によって覚醒させられるというおまけつきで。公式戦4戦目の大阪で対戦した中邑は飯伏の中にある何かを呼び起こすかのように挑発し、執拗に彼をコントロールし続けていた。コーナーに追い詰め、茶化すかのように飯伏の頭を何度も蹴った時、飯伏幸太のいう「覚醒」がやってきた。

 ぬるりと立ち上がった飯伏の背中と目に、狂気が宿っていた。それは誰の目にも明らかだった。レフェリーの制止も振り払って中邑を殴り、蹴り、ぼこぼこと空き缶を潰すように踏みつけた。試合は冷静にその飯伏の狂気を見切った中邑の勝利に終わったけれど、見ている誰もが総毛立ち、新しい血が全身を駆け巡るかのようなこの試合は、後に2013年度の東スポプロレス大賞の年間最優秀試合にも選ばれている。

 そしてG1クライマックスが終わった後に、思ってもみなかった展開が飯伏幸太の元にやってきた。DDTと、新日本プロレスの、2団体所属という業界初の試みである。もっとたくさんの人にプロレスを見てほしい、プロレスを広めるためにもっと自分を使い倒してほしいと思っていた飯伏にとっては、これは大きなチャンスとなった。2団体所属になってしばらく経った頃に「しんどいですか?」と尋ねてみたら「いやあしんどいですね。心も身体も思った以上にしんどいです」と返ってきたので心配したが、大きな収穫が飯伏にはあった。それは、新日本プロレスのレスラーの心構えや立ち振る舞いに、身近に触れたことである。

 元々尊敬していた、という棚橋弘至の、地方でも全力で試合をし、ファンを楽しませ、オフには全国をプロモーションで飛び回り、なおかつトレーニングを怠らない姿勢を見て飯伏は心底感嘆した。「神です。棚橋さんは僕にとって神です」と飯伏は言い切る。また、これまでどんなレジェンド級の選手と対戦しても気圧されなかった飯伏が、若くして新日本のトップに君臨するオカダ・カズチカと対戦した時にも圧倒的にかなわないものを感じた。

「あれは全体的に惨敗でした。入場から惨敗で、オカダ選手にはオーラがありましたね。これまで負けを感じることがあまりなかったんですが、その放っているものがもう戦う前から負けていました。対峙してますますダメだなと。でもその差を明確に感じられて良かったと思います」

 DDTでは人気、実力共に頂点に達した飯伏幸太だったが、新日本プロレスで棚橋やオカダ、中邑らトップレスラーと接することにより、自分にはまだ伸びしろがあると感じることができた。慣れ親しんだDDTと違う緊張感はあれど、「棚橋さんや中邑さんの位置まで行けるんじゃないかという確信も自分の中であります。いやこれはもうかなり、いいことです」と飯伏はそのやりがいに目を輝かせていた。飯伏に目標があって良かった。私もそう感じていた。

ハードスケジュールと大きな期待の狭間で
この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

なぜ今また面白くなったのか?

この連載について

初回を読む
プロレスという生き方

三田佐代子

能力や技術だけでなく、己の肉体と肉体、そして人生をぶつけあうのがプロレス。プロレスは幾度かの困難な時期を乗り越えて、いま新たな黄金時代を迎えています。馬場・猪木から時を経て、現在のプロレスラーは何を志し、何と戦っているのでしょうか。長...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

r_mikasayama 特に気に入っているのは「 「所属団体解散、里村明衣子にその先の道を示した伝説のレスラー」の里村選手のスコーピオライジングです https://t.co/NKPhmICB0S 3年弱前 replyretweetfavorite

ataru_mix 古いプヲタの知人は前から「あんな戦い方を続けていたら持たない」と言ってたけど、才能が体のキャパを超えちゃってるんだよな、飯伏は。 約3年前 replyretweetfavorite

345m 「プロレスという生き方」から連載して頂いているcakes、飯伏編最終回です。出会いと別れ、そして新たな出発。書いた頃の胸の痛みを思い出します< 約3年前 replyretweetfavorite

amanekuro 読み応え抜群!読了後、大きく頷き、また、切なくなりました。 約3年前 replyretweetfavorite