第15回】出資話で多額の被害トラブル!? 利用者に群がる怪しい面々

健康食品を売りつけるだけならいざ知らず、購入してくれた人にいい加減な出資話まで持ちかけ、多くの被害者を出すケースが相次いでいる。実態に迫った。

 北関東に住む山本伸江さん(仮名)が友人から「更年期障害によい」と聞いて、健康医学社の健康器具や黒酢を通信販売で購入し始めたのは2006年ごろのこと。

 それから約1年後、同社からダイレクトメール(DM)が次々と送られてくるようになった。

 内容はなぜか「1口100万円で毎年5%の配当を支払う」という投資の勧誘であった。

 当初は気にも留めなかったが、母親から「老後のために蓄えた資金を、どこか利子のいいところに預けたい」と相談されたことをきっかけに応募した。

 出資したのは「鉱泉権」(写真)。同社が保有する工場内の湧水などの利用権を取得する見返りに、健康医学社はその鉱泉権使用料として年利5%の配当を支払うという。契約期間は1~3年間。満期が来れば健康医学社が鉱泉権を買い戻し、出資者には元本が戻ると言われた。いつでも解約できる安心感もあり、山本さんは母親と自分の分を合わせて1800万円出資した。

「創業者生誕95周年」「新社長就任記念」「創立40周年」などとうたい、様々な出資名目でカネを集めた

 だまされたと気付き始めたのは10年秋のこと。一部を解約しようとしたところ、「解約者がたまたま集中したので待ってくれ」「いずれ連絡する」「半年先から分割返済する」などといって、会社側は解約に応じなかった。ようやく元本の分割返済を約束したが、東日本大震災を機に支払いが停止した。

 「健康医学社は全国に会員組織があるし、歴史のある会社。まさかだまされるとは思わなかった」と山本さんは落胆する。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

週刊ダイヤモンド

この連載について

初回を読む
飲む前に読む 健康食品・サプリのウソホント【4】~消費者だましのテクニック

週刊ダイヤモンド

参入障壁が低く、玉石混交の健康食品業界。売るためには、手段を選ばないメーカーも少なくない。売り方のカラクリを知って、賢く購入してほしい。※この連載は、2012年11月24日号に掲載された特集を再編集したものです。(c)Anna Mer...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません