それって本当に自分の夢?特別な私病【後編】

ずんずん先生似の「万能の神様」に「特別な私にならなきゃいけない病」だと診断された河合さん。グローバルリーダーになりたい理由の核心を突かれ、思わず涙がこぼれてしまいます。皆が思い描く「人と違う特別な私」の正体とは、なんなのでしょうか? グローバル企業の実態をおかしく描いた『外資系はつらいよ』で人気のずんずんさんの連載です。


人は誰しも、「人とは違う特別な私」になりたいと思ってしまうものですよね。

誰よりも仕事ができてお金持ちで、
誰よりも素敵なダーリンがいて幸せで、
みんなが私を尊敬してくれる、そんな「特別な私」……

「特別な私」を夢見ては、今の自分と比べて勝手に落ち込んで、
「特別」にならなきゃいけないと焦っては、何もできずにまた落ち込む……。

しかし、よくよく考えてみるとその「特別」は、身の回りの「なんだか素敵な人たち」のイメージの寄せ集めだったり、はたまたテレビやネットの情報だったりと、おぼろげで、なんら具体性のないものであることが往々にしてあります。

漠然としたものにあこがれて努力しても、目標そのものがぼんやりとしたイメージでしかないなら、どんなに努力してもその理想にたどりつくことはありません。

たとえその理想にたどり着いたと思っても、今度は別のもっと高い理想が現れて、また追いかけっこをはじめないといけません。
終わらないいたちごっこを繰り返していては、永遠に心は休まらないのです。

「人と違う特別な私」とは一体何なのでしょうか。

いつかはたどりつくであろう、乳と蜜が流れる約束の地に向けてさまよう前に、まずは自分の理想がどのようにできたものなのか考えてみましょう

もし、それが世間にあふれる「素敵な人」というぼんやりしたイメージだったり、親や他人から刷り込まれたものであったのなら、あなたの「本当の願望」からは程遠いかもしれません。

外ばかり見るのはひとまずお休みして、自分の内に目を向け、失ってしまった自分とのつながりを思い出してみましょう。

そうした時に、工事現場のブルーシートだと思ったものが実はそうではなく、外へとつながる大海であったことを知ることになるでしょう。


河合さん「自分とのつながり……」

河合さんはぽつりとつぶやきました。

万能の神様「そもそもなんでグローバルエリートなんかになりたいんだ」

河合さん「え……だって……」

河合さんは万能の神様の質問に、はっと息をのみました。

海外の大学院に進学して、MBAホルダーになって、海外で活躍する私。大学の先輩が言っていた素敵なキャリア。すごいねって誰からも尊敬される私。

でも、それが本当の私の望みじゃなかったら? 人から作られたものでない、私の本当の望みってなに?

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
Dr.ずんずんの社会人お悩みクリニック

ずんずん

自分の会社に不満を抱えている青年、出来内陽太(デキナイ・ヨウタ)。「こんな会社もうやめたい」と日々愚痴っている陽太の前に現れたのは、「産業メンヘラ医」を名乗る謎の女で……!? グローバル企業の実態をおかしく描いた『外資系はつらいよ』で...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

i_n_m_16 「その「特別」は、身の回りの「なんだか素敵な人たち」のイメージの寄せ集めだったり、(中略)おぼろげで、なんら具体性のないものであることが往々にしてあります。」…思い当たるわ。 約3年前 replyretweetfavorite

pleocen 面白かった。けど「セレブの街並」じゃないと思う、麻布十番。 約3年前 replyretweetfavorite

gotvxquality |ずんずん @zunzun428 。・°°・(>_<)・°°・。ずしっときますな… https://t.co/d0wE691xDG 約3年前 replyretweetfavorite

ningenjanaikamo 本当の、私の願望とは。 https://t.co/JhzevH5XHL 約3年前 replyretweetfavorite