第15回】転職成功に知っておくべき 3ルート、4エリアの常識

営業マンが転職を成功につなげるルートは三つに大別される。そして転職する先は大きく4エリアに分けられる。これを知れば、自らのスキルと市場価値を見詰め直すことができる。

 住宅設備5社の統合で誕生したLIXIL(リクシル)グループが希望退職者を募集した2012年、中国に赴任していた川原永嗣さん(現在47歳)は、いの一番にこれに応募した。

 海外赴任手当を含めた年収は多くの同期の上を行く1000万円。現地では立派な住まいがあてがわれ、出勤は車の送迎付き。一見勝ち組だが、現場を走り回るその姿からは笑顔がすっかり消えていた。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

週刊ダイヤモンド

この連載について

初回を読む
食える営業 飢える営業 大転職時代

週刊ダイヤモンド

営業マンを取り巻く環境が変化し「食える営業」「飢える営業」が生まれている。変化に伴って転職する人もいる。最後に笑うのはどんな営業マンなのか。足元の転職求人数、転職希望者数は過去最高レベル。営業マンが知っておきたい転職&仕事の最新事情を...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません