心のベストテン

みんな昔は童貞だった(現役1名含む)【ゲストCreepyNuts】

引き続きゲストは『CreepyNuts』のR-指定さんとDJ松永さん。19歳当時「童貞」で意気投合したおふたりですが、先に卒業したのはどちらだったのでしょうか。また、ブームの衰退期にどっぷりハマったR−指定さんが、当時感じていたヒップホップの魅力、そして、DJ松永さんの心に刺さった90年代のヒップホップユニットとは?
芸人、DJとして活躍されているダイノジ・大谷ノブ彦さんと、音楽ジャーナリストの柴那典さんの響きあうナビゲーションをお楽しみください。

童貞と無敵感

柴那典(以下、柴) 前回までは思春期の甘酸っぱい話とともに、なぜ二人がヒップホップに目覚めたのかというお話でした。

大谷ノブ彦(以下、大谷) そういえば、二人が出会って意気投合した要因のひとつが「童貞」だったんだよね?

R−指定(以下、R) そうですね。19の時に「えっ童貞ですか?」「マジで!?」「オレもオレも」みたいな感じで仲良くなりましたね。

大谷 僕も童貞捨てたのが遅くて、21の時だったんですよ。

 僕も21かな。

大谷 おっ、柴さんも遅かったんですね。

 僕は進学校だったから。

大谷 その言い訳はおかしいよ!

一同 爆笑

大谷 進学校でもガンガンやってるやついるよ!

 うわ、めっちゃ恥ずかしい……。大谷さんは?

大谷 俺も女性と会う機会ないし、自意識ハンパなかったので、18歳で東京出てきて、まず生まれて初めてコンドームを買いにいって、部屋のあらゆるところに12個全部設置しました。

R どっからでもいけるように(笑)。

大谷 そうそう。いつでも取れるように。で、『Hot Dog Press』とかに「キスからスマートにやらないと女性がシラける」って書いてあったんで、片手でつける練習をして。で、アイズレー・ブラザーズの「Between the Sheets」って曲をいつでもかけられるように準備して。

DJ松永(以下、松永) おお、合いますね!

大谷 あれ、僕の中で一番のセックスミュージックなんですよ。

松永 努力家ですね(笑)。

大谷 Rさんは?

R 僕は19の時に変な童貞の捨て方をして、23歳まで4年間ずっと素人童貞でした。

大谷 あー、素人童貞か。それはきついね。逆に女性観こじらせそう。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
心のベストテン

大谷ノブ彦 /柴那典

「音楽についてパァッと明るく語りたい! なぜなら、いい音楽であふれているから!」。ハートのランキングを急上昇しているナンバーについて、熱く語らう音楽放談が始まりました。 DJは、音楽を愛し音楽に救われてきた芸人、ダイノジ・大谷ノブ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

24yan_nishi80  フリースタイルダンジョンにR-指定の彼女が出てきて、クリティカルヒットで負けるとこ見たいw 3年以上前 replyretweetfavorite

nijuusannmiri 「さっきのキミドリもそうなんですけど、ハードな人たちも意外とその悶々とした空気まとってたりするんですよ。初期の 3年以上前 replyretweetfavorite

yuzumeets_an R (略)女性と付き合ってみると(略)一回も口喧嘩で勝ったことがないんですよ。全部クリティカルヒットで負ける 3年以上前 replyretweetfavorite

shiba710 “僕は進学校だったから。” 3年以上前 replyretweetfavorite