愛人を使って政敵を暗殺!? 平安貴族の男色の実態とは【後篇】

平安時代末期を飾る天才政治家、藤原頼長。彼の日記『台記』には赤裸々な男色の記録が数多く残っている。頼長は衰えゆく貴族政治の復活を願い、愛人を使って政敵を襲撃、暗殺させた。貴族でありながら保元の乱で戦死した、異色の貴族が生涯で最も愛した男性とは!?
劉邦の宦官』や『九度山秘録』で話題の、新進気鋭の歴史小説家・黒澤はゆまが、歴史のなかの美少年を追って世界中を飛び回る人気コラム!

愛人を使って気に入らない人間を襲撃させた頼長

男色も利用しながら、政治改革に取り組み、貴族政治の復活を願った頼長。しかし、彼の努力はほとんど報われませんでした。取り組みがあまりに過激、性急すぎて周りがついていけなかったのですね。理想家にありがちなことですが、「正しいのは俺なんだから周囲は黙って従うべき」と、改革者にとって最も大事なこと、理解者を着実に作っていくという努力をひとつもしなかったのです。

それどころか気に入らない人間は、随身の秦公春を使って襲撃するようなこともしています。

内覧を賜った1151年、頼長は公春に命じて、鳥羽法皇の随一の寵臣、藤原家成の屋敷を襲わせました。これは、頼長の雑色、召使いが家成の家来に侮辱されたことの報復でしたが、政治上の対抗勢力である院の権力を削ぐという意図が秘められていました。

しかし、これをきっかけに鳥羽法皇は頼長を疎み始め、保元の乱の遠因となったようです。

ちなみに、頼長の男色相手だった藤原忠雅、家明、成親、隆季は皆、家成の近親者にあたります。

また、執政になる前のことですが、1143年、源成雅という少将を乱闘事件を起こしたというかどで、免職したりもしています。

もともと頼長は成雅のことを「尾籠物」クソ野郎と憎んでいたので、この人事には明らかに私情の臭いがします。しかし、成雅は父・忠実の第一の寵臣でもあったので、事態は複雑化。怒った忠実は頼長に対し宇治の私邸への出入りを半年禁じました。

で、もっとこんがらがることには、後に頼長はこの成雅とも関係を持ってしまうんです!

執政になる前年の1150年から頻繁に交渉を持ちはじめ、成雅が賀茂祭で近衛府の使として出立する折には、いそいそと雑具をととのえてあげたりしています。

頼長は忠実が病に倒れたときは物忌みにも関わらずお見舞いに駆けつけるファザコン坊やだったので、ひょっとしたら、成雅への憎しみは抑圧されたエディプスコンプレックスの発露であり、彼とのセックスは愛人の体を通じての間接的な近親相姦だったのかもしれません。

ちなみに成雅の兄、信実も父親の愛人で、彼の娘と頼長は再婚しました。え~と、だからまとめると、信実は義父であると同時に、父親の愛人で、忠実も義理の叔父であると共に父親の愛人でかつ自分の愛人で妻の兄で……って、ややこしぎるわ、整理できるかこんなもん!

さらに付け足すと、襲撃などの汚れ仕事を任せていた秦公春も頼長の愛人でした。

公春に対する男色は、貴族や武士を相手とするときのような利害がないため、その愛情は本物だったようです。公春も頼長には真摯に仕え、頼長お気に入りの家臣を殺した犯人が恩赦されたときは暗殺までしています。

2人の関係は多分幼少の頃からで、公春の方が少し年上、兄弟みたいに育ったようです。そのため、2人の愛情も兄弟愛に近く、公春は頼長を守り、頼長は公春に甘えるといった感じのものでした。

しかし、1152年、最愛の愛人だった公春は病死。

この時、頼長はショックのあまりあれほど精励していた仕事を3か月も休み、墓の前で幾度も夜を明かしました。日記にもその悲しみを数十ページにわたって書き記しています。

まぁ、その中身については、あんまり長すぎたもので、書写する人が嫌になって「略」で済ませてしまい、何も残ってないんですけどね!

ただ、2年後の日記に、公春と夢で会ったと嬉しそうに記しているところは、男同士の友情の話しと見ても涙ぐましいところがあります。

保元の乱の悲劇
この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載が本になります!英雄と美少年の物語をこちらからどうぞ

なぜ闘う男は少年が好きなのか

黒澤 はゆま
ベストセラーズ
2017-03-18

この連載について

初回を読む
なぜ闘う男は少年が好きなのか?

黒澤はゆま

洋の東西を問わず、戦乱の時代に決まって栄えた<少年愛>。死を賭して戦う英雄の側近くに控える、あるいは金髪の、あるいはブラウンの、あるいは黒髪の少年たち――。戦士は少年に何を求め、少年は戦士に何を答えたのか。時に英雄を生むこともあった、...もっと読む

この連載の人気記事

関連キーワード

コメント

UZPLgJQCEPt7k24 https://t.co/YwoUMunFYx 1年以上前 replyretweetfavorite

drarsym https://t.co/kx78wCY1Lj 悪左府様の公春との純愛いいよね。めっちゃ好き。ヤマコーさんで撮影してくれ~~ https://t.co/GFKRx8LqHY 1年以上前 replyretweetfavorite

skbluegreen (続き)頼長の複雑怪奇さはその象徴。貴族政治の幕引きに相応しい徒花だったとも言えるし、なるべくしてそうなったとも言えるのでは。[ 3年以上前 replyretweetfavorite

skbluegreen 関係を整理できないwww 同じくらい政治も混乱してたってことだね。限られた氏族で行われ、肉体関係を政治に使っていたわけだから。[ 3年以上前 replyretweetfavorite