結婚も出産も、しなくたっていい

現在は旦那様と一緒にフランスで暮らしている中村さんですが、数年前は日本での婚活に苦しんでいたといいます。しかし、パリである「発見」をしたことにより、その苦しみが一気に消えたんだそうです。
今週から、恋愛や婚活で苦しんでいる日本の女性に、パリで得た生きづらさを解消するヒントをお届けする、新しい「パリジャン十色」がはじまります。

最近cakesの連載で、ちらほら「婚活」が話題になっていますよね。
私は「婚活」という言葉を聞くと、胸の奥がちょっとうずいてしまいます。

それは、最近bar bossaの林さんの記事にもあった「婚活疲れ」を経験したことがあるからです。あれは、本当に辛いんです。

私は6年前、30歳を目前にして突如焦って婚活を始めたのですが、婚活を一生懸命がんばりすぎて疲れ、精神的にもずいぶん追い込まれてしまいました。

その結果、「日本で相手が見つからなくても、世界でなら見つかるのでは?」と、日本を出て海外で婚活をすることに。

切羽詰まってそんなとんでもない行動を起こしたわけですが、幸運にも旅の途中に訪れたパリで、その後の私の人生を大きく変える大発見をすることができたのです。

セーヌ川のほとりで涙したあの日

その発見とは、パリという街では「十人十色」どころか、生きている人の数だけいろんな生き方がある、ということです。

たとえば、結婚をせずに好きな人とただ一緒にいるカップル。事実婚という選択をしたカップル。女性の方が男性よりずっと年上のカップル。同性愛カップル。

出産よりも自分のやりたいことを優先する女性や、年を重ねてもずっとずっと恋をしている女性、それぞれ父親の違う子供を育てるシングルマザーなどなど、本当にいろいろな生き方をしている女性がいます。

パリには「婚活」なんて言葉もなければ、「婚活をしている」という人に出会ったこともありません。

この時まで「なにがなんでも結婚しなきゃ」と思っていた私は、こんな風に女性としての生き方の正解がひとつではなく、いくつもあることを目の当たりにして、すーっと気持ちが楽になりました。

まるで、それまで私にかかっていた悪い魔法が解けて、身体全体の力みが抜けていくような感じです。

世界婚活最終地であったパリで、日本帰国を翌日に控えていた夕暮れ時。セーヌ川にひとり立ってパリの風景を目に焼き付けていたら、自然と涙があふれて止まらなくなりました。

「日本に帰りたくない。パリなら生き苦しさを感じず、自由に生きられるはず……。」

それから数ヶ月後、フランス語なんて全くしゃべれないまま、私はパリに移住していました。

日本の女性は生きづらい

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
パリジャン十色

中村綾花

“花の都”と称され、雑誌やテレビでもその優雅なイメージが特集されることの多い、フランスの首都・パリ。パンやスイーツはおいしいし、ファッションは最先端だし、歴史ある建物たちも美しいし、住んでいる人もおしゃれな人ばかり……と思いきや、パリ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

popo353535 最近のよく分からない息苦しさは、多分このことだったのかな?って思った。 歳だから、もうダメとか何で思ったんだろう。。。 7ヶ月前 replyretweetfavorite

ooooosaka_t こうしなきゃいけない。なんて事は一つもない。よっぽどズレてる人じゃないと大多数に影響される。影響される事が悪い事ではなく、本質や重要なことに気づかないことが良くない https://t.co/hDIOb5lY8j 約1年前 replyretweetfavorite

umekida 「生きづらい」ことに気づける余裕すらないって、本当にそうなんだろうな。みなさん視野が狭いですよね。 約1年前 replyretweetfavorite

ayakahan “@tipi012011: とっても良いです。”ありがとうございます。 約1年前 replyretweetfavorite