天才のつくり方

第2回】どこまでもつきまとう、肩書きコンプレックス。

ハーバードで研究を続ける若き理論物理学者・北川拓也と、日本に拠点を置き、縦横無尽に活躍する脳科学者・茂木健一郎。両者の対話によって、日本とアメリカの文化、教育の違いを浮き彫りにしつつ、沈み行く日本がここから変革を起こすことができるのかを探る。 今回浮き彫りになったのは、どんなに才能があっても、世間の評価が気になるというジレンマ。それは、世界的な理論物理学者として活躍する北川でも逃れられないもので……。これからの時代をどう生き抜くかというテーマにもつながる、若者共通の悩みが明らかになる。

世間の評価をとるか、やりたいことを貫くか

茂木 ところでさ、北川くんはなぜ日本に戻ってきたの?

北川 8年間ハーバードにいて、理論物理学者としてそれなりに業績をあげて、いざ教授になろうかというときに、ふと「僕は本当に教授になりたいのか?」と思ってしまって……。

茂木 ふっふっ。

北川 えっ、おもしろいですか。

茂木 そんなこと考えているんだ。大変だね、君も。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ケイクス

この連載について

初回を読む
天才のつくり方

茂木健一郎 /北川拓也

日本経済が停滞して久しい。一方で、アメリカではIT産業の新しい成功モデルがどんどん生まれている。この違いはどこにあるのか。 ここで登場するのが2人の天才。高校卒業後、8年間ハーバード大学で活動している理論物理学者・北川拓也。一方、1...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード