オチビの台所

春のパンくいまつりレシピ 〜菜の花サンドイッチ〜

菜の花は眺めてよし、食べてよし、パンくいの言うように「お花なのにエラい!」植物なのです。
今週は菜の花のマヨネーズ和えを入れた、ボリューム満点わんぱくサンドのレシピをお届けします。

今週のレシピ:菜の花のマヨネーズ和え

材料
■菜の花 100g
■マヨネーズ 大さじ1/2
■マスタード 小さじ1
■塩 ほんの少しつまみ程度


菜の花をたっぷりのお湯で茹でます。
茎から入れて1分、葉の部分は30秒程度で引き上げます。茹でたらすぐ冷水にとり、冷まします。
冷水にさらすことで茹で過ぎを抑え、苦味も和らぎます。


ぎゅっとしぼった後に菜の花を小口切りに刻みます。


材料をすべて和えてできあがり。


* * *

今回のサンドイッチの材料

①にんじんのラペ
千切りのにんじんをレモン汁、オリーブオイル、ひとつまみの塩で和えて前菜で定番のキャロットラペに。お好みでレーズンやナッツを入れても美味しいですよ。

②レッドオニオンのマリネ
スライスしたオニオンが半分浸かるくらいのお酢、塩小さじ1/2、砂糖ひとつまみを入れて、半日ほど置いたもの。そのまま食べてもサラダに入れても楽しめます。

③きゅうりの塩もみ
きゅうりをうすーくスライスして塩をまぶし、10分置くと塩の浸透圧でしんなりするのでぎゅっと水をしぼって。仕上がりがしょっぱすぎれば軽く洗ってください。

④水菜
水菜はレタスより切ったときの断面がかわいい。食べやすい大きさにカットしてシャキッとした食感を楽しんで。

⑤目玉焼き
しっかり両面焼いても、半熟で黄身をとろりとさせても、美味しいですよ。味付けは塩でもハーブソルトでもオイスターソースでも。 野菜が多めの時は少し濃いめがポイントです。

★ポイント

切ったときの断面がキレイになるような色合いの食材を使うのがポイント。
中心部分に材料を置くと横からこぼれ落ちにくいです。
材料を重ねていった後、ラップやワックスペーパーで包み、紙ごと上から半分に切れば出来上がり。

菜の花サンドイッチといえば、「オチビサン」2巻のこのお話。
菜の花を食べたことのないパンくいも大喜びした、オチビのサンドイッチ…ぜひつくってみてくださいね。


この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

コルク

この連載について

初回を読む
オチビの台所

林綾子 /安野モヨコ

安野モヨコの漫画「オチビサン」で、四季のうつろいの中に、いつもあたらしいことを発見するオチビサンとその仲間達。 「オチビの台所」は、オチビサンにまつわる"季節の料理"を、料理研究家の林綾子さんがレシピにしてくれました。鎌倉の豆粒町に...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません