恋愛音痴の受難〈後篇〉

立て続けに二人の男性から告白された文月悠光さん。相手の気持ちに向き合おうとするものの、臆病な気持ちが先行して、何度も逃げ出しそうになります。「選ばれる」ことにずっと必死だった〈臆病な詩人〉は、なけなしの勇気を振り絞って、「選ぶ」恋愛に踏み込むことができるのでしょうか。

 なんの因果か、立て続けに2人の男性に告白された私。混乱のあまり、その場で返事をする気力もなく、逃げ帰ってしまった。「ちゃんと〈答え〉を出しますから」とMさんに勇ましく約束をしたものの、答えを出せる自信はなかった。
 正直に言えば、私は当初逃げる気満々だったのだ。

 バーでKさんの告白を受けたとき、店を出ようとしたタイミングで、一緒に飲んでいたDさん(外で煙草を吸って戻ってきた)と鉢合わせた。

「ひっ……。Dさん、どうしていなくなっちゃうんですか……(涙目)」
「そういう雰囲気かな~、と思ったから。え、大丈夫?」
「……いや、あの……えーっと、か、帰ります……」
「待って。ちょっとお茶していこうか?」

 帰ろうとする私を引き止め、Dさんは駅前のとある喫茶店を指差した。渋ったものの、「このままじゃ落ち着いて帰れないでしょ? 」と促され、私は丸いテーブル席に腰掛けた。

「……ここ、私が学生の頃に別れ話をした喫茶店です」
「え、そうなの」
「ちょうど今ぐらいの時期、卒業式の直前に。あそこの窓際に向かい合って座っていました。もう二度と来ないと思ってたんだけど……」

 ちらりと窓際のテーブル席に視線を送る。2年前に振られた場所で、今度は告白された話をしようとしている。こうして街の至るところに、恋の遺産は増えていく。

付き合う基準ってなんだと思う?

「……それで、Kさんとはちゃんと話せた?」

 Dさんは私の取り乱した様子から、事態をすでに察しているようだ。私はやや落ち着きを取り戻し、「実は……」とKさんから告白されたことをぽつぽつと打ち明けた。

「Kさん、飲みすぎておかしくなってるみたいです」
「いや~、酔った勢いでそんなこと言う人じゃないと思うけど」
「ああ、このまま流したら、なかったことにできないかなあ……」

 うっかりこぼした私に「できないよ! 無視した時間の分だけ相手は待ち続けるんだよ」とDさんは怖い顔をする。

「ふづきさん、『一日千秋』って言葉、知ってる? 待つ側はね、たった一日待つのでも、千年待っているように感じるんだよ。待たされるのって、すごく辛いんだからね」

 うう、正論だ。けれど、私は誰かの告白をきっぱりと断ったことがない。というのも……。

「大人になっても、イチかバチかで告白するんですね」
 私はまた口を滑らせた。「ええっ、何言ってるの」とDさん困惑。
「大人になったら『確実にOKがもらえる』という場合じゃない限り、告白しないものだと思ってました……」

 告白とは、「私たちは好き同士である」という互いの了解があった上で、確認のように行われるもの。了解が得られるまで「好き」とは告げず、慎重に距離を詰めていくのが「恋愛」だと思ってきた。そんな私にとって、Kさんの告白は想定外の出来事だった。

「無視したところで、なかったことにはできないんだからね。ふづきさんからKさんに連絡しなよ」

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
臆病な詩人、街へ出る。

文月悠光

〈16歳で現代詩手帖賞を受賞〉〈高校3年で中原中也賞最年少受賞〉〈丸山豊記念現代詩賞を最年少受賞〉。かつて早熟の天才と騒がれた詩人・文月悠光さん。あの華やかな栄冠の日々から、早8年の月日が過ぎました。東京の大学に進学したものの、就職活...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

ugetsujiro 誰かを愛するということは、他の人を愛さないと決意することですね。本当に面白く、読ませて頂いた。早く次回が読みたい。 11ヶ月前 replyretweetfavorite

a_oneko 繊細で可愛らしい方だなあ。受け取ること、それを消化して丁寧につむいで開いてくれるので、読んでいて穏やかな気持ちになります。 11ヶ月前 replyretweetfavorite

fl80_yshrcis 親友と出会った22歳の頃、「なんかさ、世の中の恋愛至上主義みたいなのについていけないんだよね」と話したことを思い出した。切なく、楽しく、考えさせられた。 11ヶ月前 replyretweetfavorite

VerZ_660 まーわかる。わかるけど、恋愛の定義ってそもそも何?と問い返したくなるエッセイやなー。 人それぞれ定義が違うし、世の中に無いものを定義したらそれは無いのと一緒。 11ヶ月前 replyretweetfavorite