ランキングで振り返るSF出版70年〈前篇〉

創立70周年を迎えた早川書房。SFを出版してきたその歴史のなかで、最良の年ははたしていつだったのか――? 評論家の高橋良平氏がSFマガジン編集長・塩澤をお相手に、カウントダウン形式で語ります! 前篇の今回は、4位までをご紹介します。(2016年4月号再録)

塩澤 本日は早川書房が創立70周年を迎えたことを記念して、「早川書房70年のSF出版のなかで最良の年はいつだったのか」ということを評論家の高橋良平さんに事前に決めていただき、それらを10位から1位まで順に明らかにするカウントダウン形式で語っていきたいと思います。

高橋氏(左)とフセンをめくっていく編集長・塩澤

【第10位 1978年】

塩澤 これはちょうど時節柄、『スター・ウォーズ』第一作公開の年ですね。

高橋 そうですね。76年にはSF雑誌の〈奇想天外〉が復刊されたり、日本作家が中間小説誌や各社ノベルスに“浸透”してすでに勢いはあったけど、やっぱり『スター・ウォーズ』登場の影響は大きかった。

1978年(昭和53年)4月7日 朝日新聞夕刊(高橋氏提供)

《海外SFノヴェルズ》の刊行が始まったのもこの年です。ハインラインの『愛に時間を』と、ディックの『パーマー・エルドリッチの三つの聖痕』が最初の二冊。実はそれまで早川書房は、ハードカバーで海外SFを出したことがなかったんです。

ディック『パーマー・エルドリッチの三つの聖痕』 現在はハヤカワ文庫SF版で出ています

塩澤 ちょっと意外な感じですよね。

高橋 だから、ある意味でSFが再出発をした年だともいえますね。それにサンリオSF文庫が創刊されたのもこの年です。


【第9位 1957年】

塩澤 これは何の年でしょうか?

高橋 12月に《ハヤカワ・ファンタジイ》が、『盗まれた街』と『ドノヴァンの脳髄』の二冊で始まった年です。〈エラリー・クイーンズ・ミステリ・マガジン〉の編集長だった都筑道夫さんが最初の十冊をセレクトをして、のちに〈SFマガジン〉を立ち上げる福島正実さんが海外の現代SFに目覚めるきっかけになった。このふたりがいたからこそ、早川書房でSF小説の出版が始まったわけなんです。

フィニイ『盗まれた街』

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

SFマガジン

この連載について

ランキングで振り返るSF出版70年

SFマガジン

創立70周年を迎えた早川書房。そのSFを出版してきた歴史のなかで、最良の年ははたしていつだったのか――? 評論家の高橋良平氏がカウントダウン形式で語ります!(2016年4月号再録)

関連記事

関連キーワード

コメント

Boku_getsu @Boku_getsu 懐かしの早川文庫SF♬ 4年以上前 replyretweetfavorite

Hayakawashobo まずはcakes版SFマガジンの更新情報から! SFの最良の年はいつか? カウントダウン形式で紹介! 4年以上前 replyretweetfavorite

maniamariera cakes更新です! SFの最良の年はいつか? カウントダウン形式で紹介! 4年以上前 replyretweetfavorite