消えたソクラテス【エピローグ】

ソクラテスがその姿を消して3年が経った。
あれは本当に古代ギリシャのソクラテスだったのか、それとも妄想が作り上げた幻だったのか……今となっては、真相は闇の中だ。
しかし、「ソクラテスとともに追求した『人生における大事な悩み』の答え」は、サトルの心に深く刻まれていた。

ギリシャ哲学の専門家による笑いあり涙ありのコミカル哲学ストーリー『ソクラテスに聞いてみた』を特別掲載いたします。

エピローグ

 ソクラテスが姿を消してから、もうじき3年が経とうとしている。哲学の話をしているときに彼が見せる楽しそうな表情、底抜けに明るいあの笑顔が見たくて、ぼくはあれから何度も公園に足を運んだ。ソクラテスの好物だったイカくんを手土産にして。けれども、夜のアゴラ公園はいつも人影ひとつなくて、あの「エーゲ海のように青いシャカシャカの家」もまた、跡形なく消え去っているのだった。まるで最初から何もなかったかのように……。

 一度、公園で見かけたホームレスに、「ソクラテスはどこへ行ったのか?」と尋ねてみたことがある。ホームレスが怪訝な顔をするので、ぼくはムキになって、「ギリシャっぽい服装をした変な外国人」のことを説明した。けれども、そんな努力も謎を深める結果にしかならなかった。ホームレスは「そんなヤツは知らん」と答えたきりで、あとは何を聞いても首をかしげるばかりだった。

 Facebook にあったソクラテスのページも消えていた。「友達リスト」に入っていたエウリピデスやプラトンも、みんな消去されていた。それどころか、メッセージボックスに入っていたソクラテスのメッセージさえ、きれいさっぱりなくなっていた。

 いったい、生身の人間が、こんなにも完璧に痕跡を消し去って、忽然と姿を消したりできるものなのだろうか。それとも、ぼくが対話をしていたあのソクラテスは幻だったとでも言うのか。ぼくはいまだに、自分が直面する現実を理解できずにいる。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

あなたの「本当の考え」を引き出す、ソクラテス最強の「問答法」

この連載について

初回を読む
ソクラテスに聞いてみた

藤田大雪

ソクラテス(職業:ホームレス?)、イカの燻製を片手に人生を語る。「よりよく生きる」ためのコミカル哲学ストーリー。 27歳、彼女ナシ。マンネリ気味の毎日を送るサラリーマンの僕の目の前に、突然、ホームレスのような姿をしたソクラ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

NJG_pr ソクラテスに聞いてみた|藤田大雪|cakes(ケイクス)連載「 2年以上前 replyretweetfavorite