第2回】狙い撃ちされる中高年層 電機業界に吹くリストラの嵐

誰もが入りたい花形企業がそろい踏みだった電機業界。しかしグローバル競争での敗北や不祥事で、いまやリストラの嵐が吹き荒れる。中高年営業マンは狙い撃ちにされること必至だ。

 事実上の“解体”が決まったシャープ。2015年の年末を迎え、大阪市にある本社オフィスでは、空き机が目立つようになっている。ある中堅社員は「社内の知り合いから日々、退職のお知らせメールが届く。人が減っていくのを見るとため息しか出ない」と嘆く。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

週刊ダイヤモンド

この連載について

初回を読む
食える営業 飢える営業 大転職時代

週刊ダイヤモンド

営業マンを取り巻く環境が変化し「食える営業」「飢える営業」が生まれている。変化に伴って転職する人もいる。最後に笑うのはどんな営業マンなのか。足元の転職求人数、転職希望者数は過去最高レベル。営業マンが知っておきたい転職&仕事の最新事情を...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません