平野啓一郎 前編「うっとりと浸れる、美の世界を描きたかった」

デビュー作『日蝕』で第120回芥川賞を受賞。その後も『決壊』『ドーン』『空白を満たしなさい』など話題作が国内外を問わず注目を集める作家の平野啓一郎さん。
そんな平野さんが最新小説『マチネの終わりに』で描いたのは、大人の恋愛です。その世界にうっとりと浸れる作品を目指したという平野さんにとって、美を描くとはどのような試みなのでしょうか

たとえば、森鴎外『舞姫』や谷崎潤一郎の『細雪』。もっと遡れば、『源氏物語』なんかもそう。日本の文学史をほんの少しひもといてみれば、「ああ、美しい」。ため息を漏らしたくなる作品がたくさんある。
文学の「美しさ」は、いろんな要素で表される。慎重に選び取られたモチーフ。流麗なストーリー展開。繊細かつ丁寧に紡がれた文章、などなど。ともあれ文学者たちは、あの手この手を用いて、美しさを表現せんと試みてきた

そして、いま。新たな美しい小説が、ここに誕生した。平野啓一郎さんの『マチネの終わりに』。

マチネの終わりに
『マチネの終わりに』

国際的な舞台で活躍するジャーナリストの洋子と、こちらも世界的評価を得るクラシックギタリスト蒔野の恋愛を軸とする物語だ。ふたりは偶然に出遭い、すぐに惹かれ合う。けれど、愛に障害はつきもの。距離や配慮。ためらい、すれ違い。ぞくぞくと現れる問題に負けることなく、想いは折れず保たれていくのかどうか。

洋子も蒔野も、アラフォーの立派な大人である。為すべき仕事、あるべき生き方を模索しながら、恋愛感情に翻弄されてもがく。彼らの姿を追いかける読者は、知らずふたりの物語に深く、深く入り込んでしまう。

読みはじめてすぐに、かくも小説世界に没入させられる作品も稀だ。なぜだろう。その不思議を知りたいとおもう。真っ先に浮かぶのは、登場する人物たちの実在感や魅力が強くあるということ。とりわけ洋子は、凛としたすてきな女性として小説内に浮かび上がる。

冒頭、登場した洋子はこう描写される。


「やや張った肩に、艶のある黒い髪が、足でも組んでいるかのように掛かっている。鼻筋の通った彫りの深い造りだが、眼窩は浅く、眉はゆったりとした稜線を描いている。二分ほど開き残したかのような大きな目は、少し眦が下がっていて、笑うと、いたずら好きの少年のような潰れ方をした」

「洋子は、そう言って、鼻梁にキュッと小皺を寄せて白い歯を見せた。子供みたいに笑うんだなと、蒔野は思った」

『マチネの終わりに』より

この作品のミューズつまりは美の女神として、至極丁寧に人物造形されている。その濃やかさに心を動かされた旨を平野さんに伝えると、「そこはじつは……」と実状を教えてくれた。

 洋子には、モデルにあたるような人がいるんですよね。それが細かな描写につながっている面はあるかもしれません。

 それに、時代背景も洋子の人物造形にいくらか影響していますね。このところ、極端に反動的な女性観が盛り返しているじゃないですか。保育園が足りない? だったら女は働かず、子どもを育てることに専念しろ。そんな声が大きく響いていたりするでしょう。この小説は、そういうのを直接批判するようなものじゃないですけど、反動的な女性観とはまったく別の世界で生きている洋子のような女性を魅力的に描くことで、現状への批判に代えている面はありますね。

なるほど、小説は具体的な人物、場面、行動を書いて成立するものだから、意識しさえすれば、いまの世の中への批評・批判も盛り込むことだってできる。単におもしろい話を伝えるに留まらない、おもったよりも大きい器だと再確認させられる。

洋子という人物を生み出すにあたっては、平野さんの頭のなかにもうひとつ、こんなおもいもあったという。

 小説を書くときは、つねに難しいテーマに取り組んでいかないとおもしろくない。これまで、人間性の暗部をえぐるようなタイプの小説はいろいろ書いてきたので、逆に、すごく魅力的な人物を描くということをやってみたかった。それはなかなか難しいことなんですよ。読者がうっとりとその世界に浸りきることができる、そんな小説に挑戦してみたのが『マチネの終わりに』でした。

19世紀のロシアの文豪トルストイは、作品のなかでこんなことをいった。
幸福な家庭はどこも似通っているが、不幸な家庭はそれぞれに違う—。
たしかに、幸福な光景はたいてい似たパターンになるけれど、不幸のかたちには無数のバリエーションがある。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

恋の仕方を忘れた大人に贈る恋愛小説

マチネの終わりに

平野 啓一郎
毎日新聞出版
2016-04-09

この連載について

初回を読む
文学者の肖像

山内宏泰

文学とは、なんなのか。文学者たちは今をどうとらえ、いかに作品に結実しているのか。言葉に向き合う若き作家たちの「顔が見える」インタビューシリーズです。

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

ours63527 https://t.co/06zpTGNqxa 12ヶ月前 replyretweetfavorite

reading_photo 【News】「CAKES」 公開中です。 連載「文學者の肖像」新編は、平野啓一郎さん  『マチネの終わりに』で話題の平野さんが、執筆の過程で考えていたこととは。 前編https://t.co/3VC6iL3qsm 後編https://t.co/SPqkuAfLpO 1年以上前 replyretweetfavorite

umekida おもしろい。 1年以上前 replyretweetfavorite

Kanaerror 日常に散りばめられた小さな小さな「美しいもの」を、目に見える形にしてくれた。そんな世界。うっとり…と言う言葉はまさに、ぴったりだな。 > 1年以上前 replyretweetfavorite