うつヌケ」ツールとしてのSNS

田中圭一さんとずんずんさんのスペシャル対談。最終回となる今回のテーマは、「うつと創作」。コンテンツのクリエイターであるお二人にとって、うつ経験と作品を生み出すことにはどんな関係があるのでしょうか。cakes、noteでのそれぞれの連載にかける思いなど、存分に語っていただきました。

クリエイターだったから、うつは抜けやすかった

田中圭一(以下、田中) 僕たちはコンテンツを消費するのが大好きな人間だけど、一方で作品を発表するクリエイターでもあるじゃないですか。
僕は自分がクリエイターだったから、うつから抜けやすかったと思ってるんです。

ずんずん なるほど、クリエイターには、すさまじい承認欲求がありますからね。

田中 そう。例えば、ちょっと何かをネットにアップして、いい反応があったら「俺の感性は、正しかったんだ!」と思って、前向きになれます。

ずんずん クリエイター気質のある人は自分を押し殺さないで、もっと自分を表現した方がいいですよ。文章を書いたり、漫画や絵を描いたり、踊ったり、歌ったり、どんどんしちゃえばいいと思います。

田中 何かを表現するっていう「自分を肯定できる手段」があるなら使わない手はない! 『うつヌケ』の取材をしていて分かったのは、自分を肯定する手段を持たない人は、一度自信を取り戻してうつから抜けても、自己否定しがちな状況に陥ったとき、またうつになってしまうんです。

ずんずん 他人からの承認は、うつにつながる自己否定に対抗できるわけですね。

田中 そうです。何かを生み出して、人の役に立てたり、面白いって言ってもらえたりすると、やっぱり心が救われるわけです。「自分も、人の役に立てるんだ!」と思うと、自分を否定しなくなるから、クリエイター気質はうつヌケに役立つと思う。

うつヌケツールとしてのSNS

田中 今はSNSに文章を書けば、拡散されて「この人の言葉で、気持ちが楽になった」とコメントをもらえる時代だから、絵を描いたり、曲を作ったりする才能がなくても、表現して認めてもらうこともできますよね。

ずんずん ええ、そう思います。実は私、2回目のうつの時期からツイッターにどハマりしていて、毎日一生懸命ツイッターをやっていた時期があったんです。

田中 え! どんなことをつぶやくアカウントだったんですか?

ずんずん プロフィール写真を韓国のマイナー女優の顔にして、ひたすら下ネタをつぶやくアカウントでした(笑)。心が病んでいたので、そういう遊びに夢中だったのかもしれません……。

田中 うつの時って、そういう遊びをしちゃうよね。

ずんずん これも「うつあるある」なんですかね?(笑) 田中先生も、そういう経験がおありですか?

田中 僕の場合はmixiでした。まず、ネットで拾った可愛い女の子の写真でアカウントを作ったんです。次に、そのアカウントと自分の本物のアカウントをマイミクして、自分のつぶやきにツッコミを入れさせる、「可愛い子とのmixi漫才」という遊びをしていました。今から考えると、なんでそんなことやってたんだろう(笑)。

ずんずん 田中先生もそんなお遊びを……(笑)。私もきっと、下ネタをつぶやくことで、自分を癒してたんですね。ありがとう、ツイッター!

田中 今は悪い面ばかりが強調されるSNSだけど、SNSに救われたうつの人もきっと多いはずだと思う。

ずんずん まさに「うつヌケツールとしてのSNS」! 私は2回目のうつヌケ後もツイッターやアメブロを続けているんですけど、ネット上で何かを表現して、人とゆるやかに繋がることの癒しの力は、やっぱり大きいと思います。

うつは、2回やるとやさしくなる

田中 あと、これは”うつあるある”とは少し違うかもしれないけど、僕は「うつは2回やると、みんなに優しくなる」と思うんです。

ずんずん それ、すごく分かります!

田中 僕の仕事関係の人で、めちゃくちゃドジる人がいるんです。約束は忘れるし、送るはずのものを送ってくれなかったり、うまくいっていた仕事相手との間に入って台無しにしたり……。正直、腹が立っていたのですが、冷静に考えると、「この人、うつやっているな」と。

ずんずん:やってそうですね……。

田中:その人を見ると、「うつの時の自分は他人から見て、こんな感じだったんだろうな」って思うようになりました。
自分はちゃんとやっているつもりなのに、ミスが多いし、大事なことを忘れちゃう。でも、仕事仲間にはうつが原因だと分からないから、「何ふざけてるの?やる気ある?」とイライラさせてしまう。でもうつの人は、そのイライラや指摘をいじめのように受け取ってしまうんですよ。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
うつ」のその先へ—田中圭一×ずんずん対談

ずんずん /田中圭一

日本国内に約100万人の患者がいるという「うつ病」。本対談では、お互いにうつ経験者である、漫画家の田中圭一さんとずんずんさんに、うつになってから抜け出すまでのお話を伺います。自分や親しい誰かがいつかなるかもしれない「うつ」。この病気と...もっと読む

関連記事

関連キーワード

コメント

Eryyyyyyyy けっこういい文章だと思う。。悩んでる渦中だけど、自分を表現することを心のどこかで諦め(きれ)てない人に、オススメ。元気をもらえる、というか。 --- 約3年前 replyretweetfavorite

tsukioka1209 うつは2回やるとみんなにやさしくなる。うおおこの真理よ。 3年以上前 replyretweetfavorite

hakutei0528 “何かを生み出して、人の役に立てたり、面白いって言ってもらえたりすると、やっぱり心が救われるわけです。「自分も、人の役に立てるんだ!」と思うと、自分を否定しなくなるから、クリエイター気質はうつヌケに役立つと思う。” https://t.co/yZjfMtpUqP 3年以上前 replyretweetfavorite

kous37  ウツを抜けるとやさしくなれる、というのはそうかもしれないなと思った。 3年以上前 replyretweetfavorite