道徳の時間

橘玲 vol.5 ジャン・バルジャンを責めてはだめなんですか?

ネットで人間性を鍛えていくときに問題となるのは、過去の過ちがどう扱われるかということ。マイナス評価はうまくスルーしていくしかないという岡田さんに対して、橘さんは、自身の体験をもとにしたある解決策を語ります。

マイナスの評価が残ってしまうことは悪くない

岡田斗司夫(以下、岡田) インターネットで人間性を鍛えることは必要だと思っています。僕が、論理力や表現力を鍛えたい人のためのSNSとして「クラウドシティ」(リンク)を運営しているのも、その需要を見越してやっていることです。

橘玲(以下、橘) 「ネットで人間性を鍛える」といっても茫漠としているんですが、具体的にはどんなことをするんでしょうか? 所属するコミュニティで評判を高めることを目指すとか?

岡田 そうですね、どこかのコミュニティから出発するのがいいと思います。でも、その評価が客観的なものに依拠している限りは、よそのコミュニティでも通用するんですよ。ドル通貨は、ドル通貨を使っている国でしか使えないですけど、日本円に両替することはできるでしょう? 通貨と同じでレートは必要でしょうが、両替すれば、他所の国でも通用することは可能だと思います。

 しかしそれでは、マイナスの評価もコミュニティを越えて広がっていってしまいませんか。今でもちょっとした過ちがネット上にずっと残ってしまって、Google検索とSNSで拡散するという問題が起きていますが。

岡田 それは当たり前のことですよ。自分がやったことなんだから、それを引き受けていきていくしかないですよ。

 当たり前、ですか。

岡田 マイナスの評判がネットに記録されることは、むしろ良いことだと思いますよ。そういうマイナスをみんなが持っていることを前提に生きるんです。

 岡田さんは僕よりずっと厳しいんですね。

岡田 だって、全員に聖人君子になれって方が辛いですよ。一昔前は、女性は処女でないと結婚できなかったですよね? あれも要は「聖人君子」論だけど、いまはようやくそういった風潮が消えてきた。それと同じで、いまは過渡期だからいろいろ言われているんだけど、いずれは過去の過ちはある程度スルーされる社会になるんじゃないかと思っています。

 過ちを許す、ということですか?

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ケイクス

この連載について

初回を読む
道徳の時間

岡田斗司夫

評価経済など新しい資本主義が加速しはじめた21世紀。 そんな新時代の「道徳」とは、一体どんなものでしょうか。 未来社会をサバイブする岡田斗司夫が、 ゲストとともに様々な事例を引用しながら、 現代の「道徳」について考えていきます。 (月...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

umekun123  この二人の対談、意見が違ってて面白い。 3年以上前 replyretweetfavorite

narima 偏見の話オモロ! 約4年前 replyretweetfavorite

toshikin3 岡田氏、プロフィールで痩せてたときの写真を使うのはもうやめた方がいい・・・こんくらいがいいよ・・・ 約5年前 replyretweetfavorite

fujisamami すごい!こう思えるようになれるかな。 過ちがネット上に残り、拡散する問題について⇒「それは当たり前のことですよ。自分がやったことなんだから、それを引き受けていきていくしかないですよ。」 約5年前 replyretweetfavorite