銃殺か毒殺か? トランプが独走する共和党の運命はいかに

2016年はアメリカ合衆国大統領選挙の年! 予備選もいよいよ大詰め、共和党はトランプが独走しつつも、クルーズとケーシックが生き残っていました。しかし、ここにきてクルーズも撤退を宣言。この先は一体どうなるのでしょうか。
アメリカ在住の作家・渡辺由佳里さんによる、アメリカ大統領選のやじうまレポートをぜひお楽しみください。

2016年の大統領予備選は、いっときも目が離せないほどのドラマが繰り広げられている。

民主党サイドについては前回説明したが、激戦なものの、民主党員の約7割は、ヒラリーとサンダースの戦いが「党を活性化している」と思っている。

ところが、共和党サイドはまったく逆で、候補者同士の戦いが「党を分裂させている」と約6割が考えているのだ。共和党が悲観的になるのも無理はない。

現在の共和党は、破滅寸前なのだ。その現況をご説明しよう。


共和党の予備選でトランプ以外で唯一残っている候補者のジョン・ケーシック
※追記:2016年5月4日アメリカ東部標準時間17時、ケーシックも撤退を表明

古い共和党委員にはトランプ独走は理解不能の事態

第二次世界大戦後、ドナルド・レーガン大統領が誕生するまでの共和党は、「エリートの党」を自認していた。

たとえば、東海岸であれば、裕福な家庭で生まれ育ち、寄宿制の名門私立高校からアイビーリーグ大学に進み、当時セブンシスターズと呼ばれた名門女子大(バーナード、ブリン・モア、マウント・ホリヨーク、ラドクリフ、スミス、ヴァッサー、ウェルズリー)の在学生か卒業生と結婚し、メンバー厳選のカントリークラブで似たような人々とだけつきあい、富と人脈を次世代に継ぐ、といった人々が党を牛耳っていた。

以前『トランプにハイジャックされた共和党の奥の手』で説明したが、そういった古い共和党員にとって、今年の共和党予備選の展開は理解の範囲を超えている。

数多くの候補でスタートした共和党予備選は、トランプの下品なジェスチャーや暴言に感化され、またたく間に泥仕合になった。

トランプに少しでも抗った候補は、次のようなありがたくないニックネームとハッシュタグを受け取り、ネットでトランプの支持者たちから嘲笑された。

ジェブ・ブッシュ:「エネルギーがなくて、情けない奴」#LowEnergy
マルコ・ルビオ:「ちびのマルコ」#LittleMarco
テッド・クルーズ:「嘘つきテッド」#lyingTed

有権者は、トランプの差別用語、真っ赤な嘘、候補の妻まで対象にするネットいじめを咎めるどころか、「票」という褒美を与えた。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

大統領選がわかる、楽しめる! この連載が書下ろしを加え、電子書籍になりました!

この連載について

初回を読む
アメリカ大統領選、やじうま観戦記!

渡辺由佳里

みなさん、2016年は4年に一度の祭典、オリンピック!ではなく、いいや「アメリカ合衆国大統領選挙」の年です。世界情勢にもつよい影響をおよぼす、オバマ大統領につづく大統領は誰なのか? アメリカ在住の作家・渡辺由佳里さんが、このビッグイベ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

codamite  少し読みましたが、面白い記事を書いています。 1年以上前 replyretweetfavorite

YukariWatanabe クルーズのその点も同感です。そのために、共和党内でも嫌われている存在で、リンゼー・グラムが「銃殺(トランプ)か毒殺(クルーズ)と例えたんですよね> https://t.co/VWRlpA6I27 https://t.co/ZOOQrVFmMq 1年以上前 replyretweetfavorite

robasian  銃殺か毒殺かってそういう意味か・・・。トランプ氏が目立ちすぎてるけど、クルーズ氏も強烈に嫌いな層あるんだねぇ(´ω`) 1年以上前 replyretweetfavorite

sizukanarudon 渡辺由佳里@YukariWatanabe https://t.co/TZsqbqPYAj トランプが指定候補になっても、共和党の統一は難しい。 #LowEnergy #LittleMarco #lyingTed 1年以上前 replyretweetfavorite