ハミ出る思い

ドブの淵から蘇った男・純ちゃん

公園で遊んでいた僕たちの前に、夢の「5段切り替え自転車」でさっそうと現れた純ちゃん。みんなの小銭を預かり、ひとり駄菓子屋へと走る彼だったが、そこに悲劇が訪れる……。 クリエイターのエージェント業を行う「コルク」と、cakesの姉妹サイト「note」のコラボ企画「コルク×noteマンガコンテスト」の入賞者、仲曽良ハミさんの連載です。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
ハミ出る思い

仲曽良ハミ

昭和の終わりに小学生だった、あの日の僕たちの物語。お小遣いは30円で、ファミコンは買ってもらえなくて、担任の先生は面白くないギャグを飛ばしていた。だけど、そんな毎日が最高に楽しかった。著者・仲曽良ハミさんが、自身の子ども時代を振り返っ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

misakilabo 5段変速自転車世代には、 懐かしい! 約3年前 replyretweetfavorite

nakasorahami 公開しました!|[今なら無料!]懐かしくてたまらない! 昭和の終わりに小学生だった、僕たちの物語 約3年前 replyretweetfavorite