ブス図鑑

ワーキングブスの顔には「女の武器無使用」と書いてある

方々にブスの衝撃波を打ち続ける連載も5回目。第5ブスは「ワーキングブス」。ブスだって働いて納税し、国民の義務を果たしています。かたや、地球向きでないデザインの顔の対極にある、素敵な容姿を生かせる仕事も存在するのです。ということは、やはり美人が得をするものなのでしょうか? 美人とブスが同じ仕事をしても、評価が違うことはあるのか!? ブスを見つめるプロ、カレー沢薫が考える仕事と容姿の関係とは、いかに。

砂利を超スピードで粉砕しそうなブス

第1回目で述べた通り、このコラムの共通テーマは「伝えたいことは特にない」である。
よって、毎回のテーマも事前に担当が提示してきたものの中から、これなら書けそうだと思ったものを選んで書いているのだ。

そんな中から、今回選んだテーマは「ワーキングブス」である。
これなら書けると思ったわけでも、勝算ありと感じたわけでもない。ただ純粋に「これはひどい」と思ったからだ。
「ブスが一体、何をしたって言うんだ…」と、思わず、罪なき人が延々惨殺される映画を見たかのような声が漏れてしまった。

直訳すると「働くブス」だ。
まるで「はたらくくるま」のようなノリである。ブスは、もはやショベルやダンプと同じカテゴリーなのだろうか。確かに、砂利を超スピードで粉砕しそうなブスもいるが、相手はあくまで人である。

おそらく、「ワーキングプア」を倣って造られた言葉だと思う。「ワーキングプア」とは、働いてはいるが、低賃金やその他の理由により貧乏な人のことを指す。そうすると「ワーキングブス」は「働いてるけどブス」と言うことになる。
もっとひどくなった。「だったら働くのも辞めるわい」と辞表を叩きつけるブスを止めることは誰にもできない。砂利のように粉砕される恐れがあるからだ。
しかも労働と貧乏には密接な関係があるが、労働とブスは基本的には無関係だ。

しかし、「ブス」ほど無関係な場に乱入してくる言葉はない。
たとえ百人一首大会だと言われようと、ブスはKISSのコスプレで会場に乱入し、「夏来にけらし!」「天の香具山!」などと叫びながら、持参の角材で選手をボコ殴りにして帰っていくのである。

つまり、大きな百人一首大会で若い女子が優勝してテレビのニュースに出たとしても、ブスなら「ブスだな」と思われ、ちょっと小綺麗なら「美人百人一首クイーン」とか「リアルちはやふる」などと言われ、最終的に「そんなに美人じゃねぇよブス!」と叩かれるという、100万回は見た地獄絵図が繰り広げられるのだ。

「ブスすぎるアイドル」としてまとめられるスターダム
この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

「ブス図鑑」は、ここから始まった!! ブスと男女の本質をついた名言満載、ブス必読コミック!(全1巻)

この連載について

初回を読む
ブス図鑑

カレー沢薫

「ブスに厳しいブス」と自負し、ブスのことになると、どこまでも熱くなりすぎるカレー沢薫さん。この連載コラム「ブス図鑑」は、漫画『アンモラル・カスタマイズZ』発売時の販促として「1日1ブス」を掲げ、読む者に涙と笑いを与えた同名の特設ブログ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

sayan014 本当に何も伝わってこないし本当にひどいし好き。 「 4年弱前 replyretweetfavorite

ohatsu0huhai ワーキングブス、パワーワード過ぎるでしょ 4年弱前 replyretweetfavorite

chinaHacca |ブス図鑑|カレー沢薫|cakes(ケイクス) #SmartNews 声出して笑った(*´艸`*) https://t.co/1qAD67dQf4 約4年前 replyretweetfavorite

katasita https://t.co/Yhil9P0eI1 約4年前 replyretweetfavorite