何も持っていなくたって成功できる」自身の経験から学んだこと - 加藤崇 vol.1

「大きな成果をあげるのに、お金や学歴は関係ない。」そう言い切るのは、ヒト型ロボットベンチャー『SCHAFT(シャフト)』をGoogleへ売却したことで一躍有名になった、同社元CFOの加藤崇さんです。
「何か大きなことを成し遂げたい!」と思っている若手ビジネスパーソンに参考になる生き方をしている加藤さんから学べる、大きな成功を収め続ける秘訣とは何か。インタビューの中で熱く語って下さいました。

「行動に移せずに悩んでいる人」の多さに気づいた

— 加藤さんは、知る人ぞ知る有名人だと思うのですが、当時CFOを担っていたヒト型ロボットベンチャー『SCHAFT(シャフト)』が2013年にGoogle(グーグル)へ買収されてから、グッと注目度が上がりましたね。

加藤崇(以下、加藤) 世界一の国産ロボットはなぜグーグルに買われたのか」という記事を2014年末に文藝春秋のWEBサイトで掲載したところ、その記事に対する反響が非常に大きかったんです。

— 非常に優れたヒト型ロボットの技術をもつ東大発ベンチャー『シャフト』を、なぜ日本で育てることができなかったのか。そしてなぜ、最終的にグーグルに買収されたのかについて書かれた記事でした。

加藤 予想以上の反響があり、媒体の人も、そして僕自身も驚きました。ただ、この記事の反響を通してもっとも驚きを感じたことは、若手のビジネスマンで「何かやりたいと思っているけど行動に移せない」という人の多さだったんです。若い人の中には、「普通ではない、大きな成果をあげたい!」と思っている意欲的な人がたくさんいると思います。「スカっとホームランを打ちたい!」みたいな。でも、社会的な抑圧なのか、自信が無いからなのか、なかなか一歩を踏み出すことが出来なかったりする。そのような姿が透けてみえたのです。

— 私も、会社を辞めて独立したことで、「よく辞めたね」や「怖くなかったの?」と聞かれます。

加藤 そうですよね。一歩を踏み出せない人が多いようなんです。けれど、それはすごくもったいないことで、「普通ではない、大きな成果をあげたい!」と思うような人は、踏み出さないと始まりませんよね。そこで、「なぜ、行動に移せないのだろうか?」と考えた時に、やっぱり自信が無いからなのかな、と思ったんです。「自分は特別な人間でもないし、何も持っていない」みたいな。実際のところ、僕も昔はそうだったんです。

— いやいや。加藤さんは華やかな経歴をお持ちなので、「平凡」というよりは「もともとスゴい人」のような感じがしてしまうのですが……。

加藤 よく言われるのですが、そんなことはまったくないんですよ。特に幼少期は、このご時世には珍しいほど貧しい家庭で育ちましたし。だからこそ、もともと「普通で平凡」だった僕が大きい成果を出したという経験は、「普通じゃないことを成し遂げたい」と思っている若者にとって参考になると思うんです。

— なるほど。

特別な人間でなくても、大きな成果はあげられる

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
プロフェッショナルの本棚

ホンシェルジュ

本棚は人を表す、といいます。本連載は、さまざまなプロフェッショナルの考え方・つくられ方を、その人のもつ本棚、読書遍歴、本に対する考え方などからひも解いていこうという試み。本がいまの自分をつくったという人から、ほとんど本を読まない人の本...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

matsuo_mk 執筆させていただいたインタビュー記事です │ 2年以上前 replyretweetfavorite

Singulith >「「経済的に裕福な家庭で育ったかどうか」と、「自分が大きな成果をあげられるかどうか」というのは、何も関係がない」  https://t.co/hHzMpp23aq 2年以上前 replyretweetfavorite

Singulith >「何も持っていなくたって成功できる」自身の経験から学んだこと   https://t.co/hHzMpp23aq 2年以上前 replyretweetfavorite

shimodakohei 続きが読みたい。 https://t.co/f0NKgRkAt0 2年以上前 replyretweetfavorite