道徳の時間

橘玲 vol.1 どうして「お金持ち本」が売れるんでしょうか?

岡田斗司夫さんが、あらゆるゲストと思考実験を重ねてきた「道徳の時間」。今回のゲストはcakesでも「カモにならずに自分のお金を増やす方法」を連載中の橘玲さんです! 初対面の2人の話は大盛り上がり。そこで今回は特別に、全6回でお送りします。初回は、岡田さんから飛び出した、いわゆる「お金持ち本」に対する不満から展開していきます。

道徳に限らず、いろいろ聞きたいんです

岡田斗司夫(以下、岡田) いろいろなゲストをお呼びしてきた「道徳の時間」、今回はケイクス連載陣の橘玲さんが登場です。どうぞよろしくお願いします。

橘玲(以下、橘) よろしくお願いします。

岡田 橘さんは顔出しNGということで、今回はニコ生での動画放送はなしでお届けしています。いやー、僕もずっと橘さんとお会いしたいと思っていて、今日初めて顔を拝見したので、とてもドキドキしています。この機会に、「道徳」に限らず、橘さんに聞きたかったことをどんどん聞いていこうと思っています。

 道徳に限らないんですか(笑)。わかりました、よろしくお願いします。

岡田 僕は今回初めて橘さんにお会いするんですけど、一番気になってるのは、どうして顔出しNGなのかということなんですが。 

 もともとのきっかけは、『マネーロンダリング』 という最初の小説を出すときに、出版社(幻冬舎)の編集者と、「著者の経歴を伏せて謎の人物にしたほうが面白い」という話をしたことです。タックスヘイヴン(租税回避地)やマネーロンダリング(資金洗浄)という特殊な金融の世界を扱っているので、「こんな知識を持っているのは、いったいどんなバッグラウンドの人物なんだろう」と読者が想像できるほうがきっといいんじゃないか、と。

岡田 やっぱり投資や金融関係だと、匿名の方が有利ということはあるんですか?

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ケイクス

この連載について

初回を読む
道徳の時間

岡田斗司夫

評価経済など新しい資本主義が加速しはじめた21世紀。 そんな新時代の「道徳」とは、一体どんなものでしょうか。 未来社会をサバイブする岡田斗司夫が、 ゲストとともに様々な事例を引用しながら、 現代の「道徳」について考えていきます。 (月...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

ono_yasu  “お金の話に限らず、自分の成功が運という不確かなものの上に成り立っているなどということを認める強さを持っていない” 就活とかもそうね。 5年弱前 replyretweetfavorite

ok_jm @anime_3 @kokono516 @nannno11 リバウンドしてませんか? https://t.co/UeqEOgOran 5年弱前 replyretweetfavorite