春夏秋冬☆雑談のネタ帳

蛙に目を持って行かれる」ってどういう状態?

ちょっと気が利かない若手社員「男子くん」の部署に、一風変わった先輩が異動してきました。「僕は暦とともに生きている」というこの先輩、毎日のなにげない会話にも季節感があふれています。それもそのはず、先輩のネタ帳は「俳句歳時記」。最強の雑談データベースです。男子くん、今日は遅刻してしまったようです。そのちょっとホラーな理由とは・・・?

俳句先輩 男子くん、どうした

男子くん 寝坊しちゃいました。春眠暁を覚えずってやつですね(ドヤ顔)

俳句先輩 ふっ、君もそういうことを知っているんだね

男子くん それぐらい知ってますって

俳句先輩 蛙に目を持って行かれたというわけか

男子くん そう、とうとう持って行かれたんですよ……って、怖っ! ホラーじゃないですか!

春の暖かさに、しきりに眠気をもよおすのは、蛙に目を借りられるためだという古い言い伝えがあるんだよ、男子くん。かわず目借時めかりどきという季語にもなっています。

蛙は冬眠から出てきて産卵を終えると、また土中へ戻って夏まで出て来ない。雌雄(男女)が逢わずに離れていることから、「目のれ時」といわれ、これが語源とされているんです。

「蛙に目を持って行かれる」の意味は、要するに男子くんがドヤ顔で言い放った、「春眠暁を覚えず」ですね。ちなみに、春眠しゅんみんは、春の夜明けも知らずに眠りについている様子を指しています。

俳句先輩 女の子の夢でも見ていたんだろう

男子くん ちがっ、ちがっ!

俳句先輩 君は実にわかりやすい人ですね

男子くん 先輩はどうして何でもお見通しなんですか?

俳句先輩 春の夢は、艶めいて甘いものなのですよ

春眠の中で見る春の夢は、「春の夜の夢のごとし」など、はかないことのたとえにも用いられます。男子くんの見た夢は、さぞかしはかなかったのだろうねぇ。

男子くん あー、今日は頭が働かない。先輩、俺、ダメっす

俳句先輩 で、彼女はどんな子なんだい?

男子くん 彼女じゃありません!

俳句先輩 つきあってどれくらい?

男子くん だから彼女じゃないすって

俳句先輩 なるほど。彼女ではないけど夢には出てくる、と。春愁はるうれいだね

男子 はぁ~

春は、とらえどころのない憂いや哀しみを感じる季節。春愁には、春愁しゅんしゅう春思しゅんし春恨しゅんこんといったいい方もあります。花が咲き、鳥がさえずる、心が浮き立つ季節なのに、ふいに物思いに誘われたり、春眠をむさぼってせつない思いをしたりしてしまう。あまり深刻ではない物思い。そんな春の哀愁を、春愁といいます。

同じ物思いでも、秋の物思いは秋思しゅうしです。傷秋しょうしゅう秋懐しゅうかい、秋あはれも仲間の言葉で、春にくらべると哲学的な愁いです。

春も秋も、ぼーっとできる、淡い季節。どちらも物思いに向くんですね。だから、夢も見る。遅刻する。仕事もサボる。そして、頭の中は妄想だらけになる。

男子くん 実は・・・来週、会う約束しているんです。今から緊張して・・・

俳句先輩 拳握るのみや男の春愁は

男子くん ????

俳句先輩 と、能村登四郎という俳人が詠んでいます。男子くん、がんばって。

男子くん なんかよくわからないけど・・・勇気づけられた気がします!

==つづく==

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ピース又吉さんも絶賛! 俳句×ねこ×コミック さくら舎ウェブサイトで連載の単行本化! ねこと俳句のかわいい日常。 四季折々のねこを詠んだ俳句88選。どこから読んでもほっこり癒されます。

ねこのほそみち ―春夏秋冬にゃー

--- - "堀本 裕樹" - "ねこまき(ミューズワーク)"
さくら舎
2016-04-06

この連載について

初回を読む
春夏秋冬☆雑談のネタ帳

堀本裕樹 /石川ともこ

ちょっと気が利かない若手社員「男子くん」の部署に、一風変わった先輩が異動してきました。「僕は暦とともに生きている」というこの先輩、毎日のなにげない会話にも季節感に溢れています。そのネタ帳は……なんと俳句の「歳時記」!天気、服装、年中行...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード