使える! 数学

第8回】ディズニーにアバターも アニメ世界を席巻する数学

トイ・ストーリーにアナ雪、大人になっても、ディズニー系映画は見てしまうもの。実は、美しいストーリーの裏に目を凝らすと、アニメにはぎっしりと数学が詰まっている。

 米アップルの故スティーブ・ジョブズが買収して成長させ、現在は米ディズニーの傘下でヒットを連発しているアニメ会社の米ピクサー。「トイ・ストーリー」や「モンスターズ・インク」といえば誰もが知るアニメ映画だろう。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

週刊ダイヤモンド

この連載について

初回を読む
使える! 数学

週刊ダイヤモンド

数学こそは究極の武器である。さまざまなビジネスの現場で問題を明らかにし、分析し、判断を下す。数学の素養、数学的思考はその強力な道具であり、力強い味方となる。企業にとってもしかりだ。数学はカネを生む。世界のビジネスの最前線で存在感を放ち...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Singulith 誰が書いたんだこれ? 3DCGなんて、1から8.5くらいまで数学だってこと知らないようだし エンタメにおける3DCGの歴史もまるで知らないらしい。  >|使える!数学  https://t.co/xzvdVG3oT7 4年以上前 replyretweetfavorite

lovemahiroshima |週刊ダイヤモンド https://t.co/cc3r01DNki 4年以上前 replyretweetfavorite