使える! 数学

第19回】物理の次の恋人は生命科学? 数学のフロンティアの行く先

昨年11月、国際数学連合の森重文総裁(京都大学数理解析研究所)は、米カリフォルニア州を訪問していた。向かった先は、ブレークスループライズの表彰式。第13回の特別インタビューでも説明したように、グーグル共同創業者のセルゲイ・ブリンや、フェイスブック創業者のマーク・ザッカーバーグ氏が創設した財団が表彰する賞だ。

ブレークスルー財団の賞は、生命科学、物理、数学に授けられる

  名だたるIT長者たちがなぜ、数学の研究を重視しているのか。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

週刊ダイヤモンド

この連載について

初回を読む
使える! 数学

週刊ダイヤモンド

数学こそは究極の武器である。さまざまなビジネスの現場で問題を明らかにし、分析し、判断を下す。数学の素養、数学的思考はその強力な道具であり、力強い味方となる。企業にとってもしかりだ。数学はカネを生む。世界のビジネスの最前線で存在感を放ち...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

matsumoring 生物と数学か… 約4年前 replyretweetfavorite