グローバリズムで国境が消えていく

現代の日本人が抱えている閉塞感。それらはすべて「思い込み」に起因していると堀江貴文さんが言う理由とは?
出所から2年半の間に、28カ国58都市を訪れた堀江貴文さんが世界で考えました。
早くも6万部突破の書籍『君はどこにでも行ける』を、特別掲載いたします。

グローバリズムは国境も不安も消していく   

 本書を執筆中、各方面から「堀江さん、日本人はこれからどうしたらいいですか?」「外に出ていかない若者は、どうすればいいですか?」という質問を受けた。

 これをすればベストだとか、最良の選択はどこにもない。でも、僕なりに考えた、何らかの果実を得やすい方法、いまより少しは人生の楽しみが増えていく思考法を、いろんなメディアで発信し続けてきた。

 何度も言うけれど、彼らの感じているストレスのほとんどは、思いこみ。自分でつくった思いこみにとらわれ、行動を規制する壁を自分でつくりだし、「行き場がない」「先が見えない」と悩んでいる。その思いこみを解くために最大限有効な言葉を、何度も、繰り返し、たくさん投げかけてきた。

 だけど日本人、特に東日本大震災以降の若い世代の閉塞感というか、言いしれない将来への不安、外に出たくない恐怖心は思いのほか強かった。

 洗脳は、いまも解けていない。おそらく、なかなか解けないだろう。

 僕は糸井重里さんと対談したときに、堀江さんは本気の〝おせっかい〞だ、と言われた。そうだ。僕はおせっかいだけど、基本的に、みんなと一緒に、豊かで濃密な人生を体験したいと考えている。僕の見ている最高に楽しい風景を、みんなにも見てほしい。

 僕の発信作業は、決して賢者が弟子に教えを説くような、偉そうなものではない。堀江貴文という43 歳の男の、精一杯のおせっかいなのだ。

 でも、そのおせっかいは簡単には受け止めてもらえない。それどころか、炎上することもたびたびだ。

「堀江の言うことは間違っている」「弱者の現実がわかっていない」「前科者・拝金主義者のくせに偉そうに」……など。正直、無力感にうちひしがれる瞬間もある。

どれだけやっても、日本人の思いこみは強すぎで、絶対に変わらない。これが悲しいかな、現実だった。

 その一方で、ふと気付いたことがある。気付いたというほどでもないのだけれど、事実として述べておきたい。

 僕は世界中を旅して、グローバルの潮流を全身に浴びてきた。日本人がどうとか、日本限定の未来像を考えたことは一度もない。大きな視点で国家・地域を考えている。

 すると、各国の経済状況や観光地のクオリティ、市民たちの暮らしぶりから、見えてきたものがある。国レベルの不安や民族の情緒的な動揺は、グローバリズムの到来によって次第に収まり、人々の不安も同時に、波が引くように静かに消えていく現象が、世界各地で起きている。

 本書で紹介した中国、タイの隆盛やヨーロッパ諸国の都市の成熟など、その延長線のものだろう。国境を消していくのと同時に、民族の積年の悩みや不安の大部分をも消していく。それがグローバリズムの力なのだ。


 恩師の船曳建夫先生の著書『「日本人論」再考』を筆頭に、優れた人類史研究家は「日本史は西洋の地域的歴史に含まれないということが、日本人のアイデンティティを確立した」という趣旨の論を述べられている。つまり日本人が、自身の基盤となるアイデンティティとして、自ら島国で成り立っている「日本」人を採用してきた。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
君はどこにでも行ける

堀江貴文

街角で〝爆買い〟する中国人観光客を横目で見た時に感じる「寂しさ」の正体はなんでしょう。出口の見えない不況の中で、気づけば日本はいつの間にか「安い」国になってしまいました。 出所から2年半の間に、28カ国58都市を訪れた堀江貴文さ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Singulith >「国レベルの不安や民族の情緒的な動揺は、現象が、世界各地で起きている」  https://t.co/R2uHCjkZYs 3年以上前 replyretweetfavorite

IchiroNISHIMIYA <「堀江の言うことは間違っている」「弱者の現実がわかっていない」など。正直、無力感にうちひしがれる瞬間もある。どれだけやっても、日本人の思いこみは強すぎで、絶対に変わらない。これが悲しいかな、現実だった。>https://t.co/Q2BkJ4Nb5G @takapon_jp 4年弱前 replyretweetfavorite

trainer_sapporo ドイツ・ポルトガルを歩いた時、強烈に思った。ここで腕を試したいと。札幌を拠点に仕事で海外へ。選択と実行を担保するのは、行動力だっ! 4年弱前 replyretweetfavorite

skbluegreen そこに住み暮らす毎日のことだから実感大きい。京都と東京ですらこんなに違うとは・・・ 4年弱前 replyretweetfavorite