オチビサン歳時記

たけのこ 〜神話の時代から食べられていたたけのこ〜

くいしんぼうのパンくいの庭に、
顔を出した1本のたけのこ。
よりによってパンくいの庭に出てしまうなんて、
飛んで火にいる……とは、このことですね。
この時季しか食べられない新鮮なたけのこ、
パンくいは、どう料理して食べるのでしょう。

日本人はいつからたけのこを食べていたのかと調べると、なんと「古事記」の神話に、その名がありました。日本の国土や多くの神々を産んだ、イザナギとイザナミという夫婦の神様をご存知ですか。女神のイザナミは、火の神を産むと、やけどを負って死んでしまいます。妻恋しさに黄泉の国まで行った夫のイザナギ。腐った彼女の姿に驚いて逃げますが、恐ろしい追手がせまります。そのとき、イザナギが櫛を投げつけると、たけのこが生えて、追手がそれを食べている間に逃げたと書かれているのです。黄泉の国の住人も、たけのこの味を無視することはできなかったようです。

“たけのこ”とひと口に言っても、種類はさまざま。昔から日本に生える真竹まだけや根曲がり竹は、5~6月ごろにたけのこを出します。じつは、たけのこの最盛期は初夏。夏の季語だということは、知られていないかもしれません。春にたけのこを出す孟宗竹は、江戸時代に中国からもたらされました。細長いたけのこが多いなか、孟宗竹のそれは大きくて肉厚、白くて柔らか。とてもおいしいので、各地で栽培されるようになりました。ちなみに孟宗とは、中国の三国時代の人。たけのこを食べたがる母のため、冬の竹林で雪を掘りながら願ったところ、たけのこが出たという故事が、名前の由来になっています。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

コルク

この連載について

初回を読む
オチビサン歳時記

金田 妙 /安野モヨコ

漫画家・安野モヨコの描く1ページのカラー漫画「オチビサン」。 春はお花見。夏は海水浴。 秋はもみじ狩り。冬はみんなで"おしくらまんじゅう"。 オチビサンは毎日遊びに大忙し! 『オチビサン歳時記』では『オチビサン』に出てくる季節の言葉...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません