それでも僕は、外科医をやめない

血液型で性格は決まるのか、医学的に考えた

「B型自分の説明書」(jamais jamais 著 文芸社刊)という血液型による性格分析書が大ヒットしたのは、2007年のことでしたね。定期的にそういう本がヒットする周期があるとしたら、また今年あたりブームが来るかもしれません。今回、雨月氏は「血液型」を医学的に論じます。血液型による性格分析論議は、医者からみてどうなのでしょうか?

こんにちは。

外科医の雨月メッツェンバウム次郎です。

さて今回は、「血液型で性格は決まるのか?」というテーマでお話したいと思います。

私たちは、「A型の人は几帳面で神経質」だとか、「B型の人は少し自己中心的で、マイペース」などといった話をよくしますね。これはつまり、「血液型を聞けば、その人の性格がわかる」という暗黙のルールがあるということでしょうか。いわゆる「血液型-性格相関論」です。

確かに私の周りでも、血液型を聞いて「あーやっぱりA型なんだ!だから細かいと思ったんだ!!」なんて話を良く聞きます。恋愛の話でも、A型とB型は合わないなんて言うじゃないですか。正直言うと私も、なんとなくAB型の人とは合わない気がしています。

でも、これって本当でしょうか?

実は私、いろいろな根拠から「血液型-性格相関論」は誤りだと考えています。

なぜでしょうか?理由をいくつかお話しましょう。

まず医学的に考えてみます。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
それでも僕は、外科医をやめない

雨月メッツェンバウム次郎

高学歴エリート集団だと思われがちな外科医の世界は、実は、毎日人を切り刻んでる特殊な世界です。現役医師が語る外科医の世界は、とっても不思議な世界。毎日、さまざまな患者さんと接し、手術をするなかで感じたことを、ありのままに語ります。not...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Manjii902 正論。それなのにこの当たり前のことを無視して、採用面接でまで 3年以上前 replyretweetfavorite

natsuy 台湾男性数名と話していた時に 3年以上前 replyretweetfavorite

tamura_jp 個人的には当たる当たらないではなくて、 3年以上前 replyretweetfavorite

k_kane1 なるほど。 3年以上前 replyretweetfavorite