​気になる店員さんと仲良くなる方法

今回の「ワイングラスのむこう側」は、お店の店員さんと仲良くなる方法です。街で声をかけても無視されてしまう美人さんでも、店員と客という関係であれば、話のきっかけを作ることは可能です。そこで今回は警戒されないように声をかける裏技を披露します。書籍化記念対談とあわせてお楽しみください。

お知らせ

「ワイングラスのむこう側」がついに書籍化されました!


ワイングラスのむこう側(KADOKAWA)

cakesでも大人気の連載がついに書籍化。バーを舞台に交差する人間模様。バーだから漏らしてしまう本音。林さんだけが知っているここだけの話。バーテンダーとして20年以上カウンターに立ち続けてきたから知っている、恋愛作法のエトセトラがこの一冊に! ぜひ本連載とあわせてお読みください!

お店の店員さんは無視できない

いらっしゃいませ。
bar bossaへようこそ。

うちの娘、しょこたんに似ている感じなのですが(親バカですみません)、以前、コンビニでバイトしてたんですね。コンビニのお客さんって毎日通うから、いつの間にか店員と顔見知りになってきて、人によってはなんとなく好意のようなものを感じ始めますよね。

恋愛心理学本(そういう本、このcakes連載のためにたまに読むんです)みたいなのを読んでいると、やっぱり「何度も繰り返し顔を見ていると好意という感情がわきでてくる」らしいんです。

それで、うちの娘に好意を持つ男性もやっぱりいるみたいで、結構な回数でナンパされるみたいです。一番あるパターンは小さいメモ用紙を渡されて、その紙にはメールアドレスが書いてあって「もし良ければメールください」みたいなことを言われるというものらしいんです。「メールするの?」って聞いたら、「そんなのするわけないじゃん」とのことでした。まあそうですよね。

でも一度、仲良くなってしまったパターンがあるそうです。うちの娘がお店の棚に商品を並べていたんですね。彼女、ロックが好きで、ドクター・マーチンを履いているのですが、バンドマンらしき男子が近づいてきて、「ロック好きなの?」って言われて、ついつい「はい。好きです」と答えてしまって、どんなバンドが好きなのかしばらく話してしまったらしいです。自然で上手いアプローチですよね。

この店員に声をかけるっていうの、すごく難しいと思うのですが、意外とみんなやっているみたいなんですよね。お店で働いてる店員さんて、普通に道で声をかけたら確実に無視されると思うのですが、店員でいる以上、お客さんを無視できないので、男性は結構「ダメもと」で、「今度食事に行きませんか?」って感じで誘っているそうなんです。

「ダメもと」って箇所がポイントなんですよね。確かに店員でちょっと普通では知り合えないようなすごくかわいい女の子っていますよね。積極的な男性はそういう時に動くんですね。

店員と仲良くなる必勝法
この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

バーを舞台に交差する人間模様。バーだから漏らしてしまう本音。バーテンだけが知っているここだけの話。

ケイクス

この連載について

初回を読む
ワイングラスのむこう側

林伸次

東京・渋谷で16年、カウンターの向こうからバーに集う人たちの姿を見つめてきた、ワインバー「bar bossa(バールボッサ)」の店主・林伸次さん。バーを舞台に交差する人間模様。バーだから漏らしてしまう本音。ずっとカウンターに立ち続けて...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

jisama 気になる店員さんと仲良くなる方法|林伸次 @bar_bossa 若いうちには使えそうなお話です。 https://t.co/cYThnChQ9j 2年以上前 replyretweetfavorite

pepepeperu |林伸次 @bar_bossa まず異性の友達がいないと出来ないね。 https://t.co/ewGyVmISmg 2年以上前 replyretweetfavorite

pingpongdash こりゃ賢い-- 2年以上前 replyretweetfavorite

sssm これ頭いいなあ。渋られたら「じゃあ私も行くんでそちらもお友達連れて4人で」みたいな押し方もある。 2年以上前 replyretweetfavorite