FOK46—フォークオーケン46歳
【第12回】40代、一人町スタ

ライブを目標に、ギター弾き語りの練習を始めたオーケン。コードも読めない初心者が技術を上げるには、練習あるのみ。近所のスタジオで一人特訓に励んでいるオーケンに、スタジオの従業員が声をかけた理由とは? 絶好調の第12回です。

 …で、それで…何が「で、それで」なのか自分でもよくわからないが、僕はライブを目標に弾き語りの練習を始めることにした。

 練習方法はジャッキー・チェンから教わった。
 ある時テレビを観ていたら、「どうしたらカンフーアクションが出来るようになるのですか?」とのインタビュアーの愚問に対し、ジャッキー・スマイルを維持したまま彼が「トレーニング、トレーニング、トレーニング」とシンプルに答えたものだ。

 ブルース・リーとジャッキー・チェンの言う事に間違いはないと信じて少年期を過ごした世代である。親や教師よりヌンチャクや酔拳の出来る大人の言葉が重要だった。40代になっても恥ずかしくなるくらいにそれは変わらない。

 とにかく練習することだとジャッキー・チェンが言っているのだ。
 朝、目覚めたらまず近所のスタジオに電話を入れる。

「すいません、本日当日予約で1名リハ入れる時間ありますか?」
「はい、×時から×時までなら」
「では×時から1時間で、シールド2本マイク1本レンタルお願いします」
「はい、では会員番号とお名前お願いします…ってオーケンさんですよね?」
 電話の向こうで若い女性店員が僕に尋ねた。
 このところほぼ毎日個人練習に入っているので、もう予約の電話の声で僕からだとわかるのだ。
スタジオはアマチュアバンドが使うようないわゆる“町スタ”である。町スタは当日に予約するとグッと料金が安くなる。それを待っての早朝予約なのである。いやいや、節約は重要なことである。とても重要なことである。僕は初心者なのである。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ケイクス

この連載について

初回を読む
小説 FOK46—フォークオーケン46歳

大槻ケンヂ

30年以上音楽活動を続けてきた、ロックミュージシャンの大槻ケンヂ。楽器演奏と歌を歌うのを同時にできないという理由で、ボーカルに徹してきた彼が、2012年、ギターの弾き語りでのソロツアーを始めた。その名も『FOK46(フォークオーケン4...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

yomoyomo フレディ・マーキュリーが41歳で死んでないことくらい担当者が気付かないと https://t.co/e3xyc15T9B 約5年前 replyretweetfavorite

hirarisa_LV0 ライブのMCでも鉄板のネタをより詳しく書いていただきました。オーケンファン必読です!  約5年前 replyretweetfavorite

tommynovember7 唐突にAKB48……??? 約5年前 replyretweetfavorite