名前はまるで呪いだよ」左ききのエレン|第5話

絵に命を捧げた父の記憶が、今もエレンを縛り続ける。
「コーイチ、お前そんなすごいんなら、私に絵を忘れさせてーー」
光一の絵を見るために、エレンは学校に向かった。
「フェイスブックポリス」
で一躍話題になり、「cakesクリエイターコンテスト」で特賞を受賞した、かっぴーさん初の長編マンガ、第5話です。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
左ききのエレン

かっぴー

天才になれなかったすべての人へーー。 朝倉光一は、大手広告代理店に勤める駆け出しのデザイナー。いつか有名になることを夢みてがむしゃらに働く毎日だが……。「フェイスブックポリス」で一躍話題になったかっぴーさんが挑戦する、初の長...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

kohtaro_x 今まで各話それぞれに強いメッセージ性があったけれどシリーズ化のためか、今回はその色が薄れていて少し残念。 でもドキドキさせられて面白かった 1年以上前 replyretweetfavorite

c_manami_001 天才は背負うものが多い https://t.co/kc4y5p1Fyy 1年以上前 replyretweetfavorite

msmsm_msm 実際、名前や愛は呪いであると、ハートフル死霊呪術師黒川さんがおっしゃっていた 1年以上前 replyretweetfavorite