ハミ出る思い

友情はカセットテープ越しに

転校生の"ぎんなん"こと"修"は、いじめっ子に負けると分かっていてケンカを売る。それが疑問だった"僕"はある日、修の家で1本のカセットテープを発見した。嫌がる修を無視して聞いてみると……。そこには、修ががんばる秘密があった。クリエイターのエージェント業を行う「コルク」と、cakesの姉妹サイト「note」のコラボ企画「コルク×noteマンガコンテスト」の入賞者、仲曽良ハミさんの連載です。

この続きは有料会員の方のみ
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

この連載について

初回を読む
ハミ出る思い

仲曽良ハミ

昭和の終わりに小学生だった、あの日の僕たちの物語。お小遣いは30円で、ファミコンは買ってもらえなくて、担任の先生は面白くないギャグを飛ばしていた。だけど、そんな毎日が最高に楽しかった。著者・仲曽良ハミさんが、自身の子ども時代を振り返っ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

oraorauriri こんなんで泣きそうになる https://t.co/mZmrS9L2kM すぐ泣くー 約6年前 replyretweetfavorite

wkwkstr  今回も面白かったです!懐かしくなる!共有してばかりでスミマセン! 6年以上前 replyretweetfavorite

misakilabo しんみり伝わりました。 6年以上前 replyretweetfavorite

mameRAJIO こういう気持ち、忘れちゃいかんな。 6年以上前 replyretweetfavorite