理想の男と最高の朝を迎えたあとにやってきた失望

初めて一夜を共にした男女が過ごす、気恥ずかしい翌朝の風景。女子に後悔も気恥ずかしさも感じさせない桜井雅人のジェントルマンな姿勢が、百鳥ユウカさん(34)のハートを捕らえて離さない。しかし、桜井には、ユウカさんの知らない一面がありました……。

「寒い……」私ははみ出した左手の冷気に耐えきれず目を覚ました。
どこか身体も緊張している。狭いシングルベットで寝返りを打った瞬間、昨夜の記憶が一気にフラッシュバックされた。

7時間前。

私は桜井雅人にトイレの出待ちをされ、猛烈で濃厚なキスをされた。そしてそのまま合コン会場を抜け出し自宅へ着くなり、ベッドに押し倒された。それからのことは思い出すだけで顔が熱くなる。桜井雅人はその鍛えられた肉体とは裏腹にとても優しく繊細なタッチで私を隅々まで愛撫した。そして「綺麗だ」「セクシーだ」と耳元でささやき続けた。はじめは恥じらいがあったものの、彼の巧みな指と言葉に支配された私は、やがて羞恥心というものを捨て去った。何もかも解き放たれた私は、自由に大胆に身体を動かし喘いだ。こんな経験は初めてだった。

ふと隣をみると、子犬のような寝顔でスヤスヤと桜井雅人は寝息を立てている。彼の寝顔は少年のようだが、昨夜の彼は大人の男だった。野獣といってもいい。このギャップが私をさらに虜にさせた。男によっては、朝の寝顔で百年の恋も冷めたりもするが、桜井はハゲてるにも関わらずそんな残酷なことはなかった。ハゲなのに、可愛いとすら思えた。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

菅沙絵が描くcakesの人気連載の書籍化!

この連載について

初回を読む
結婚できない2.0〜百鳥ユウカの婚活日記〜

菅沙絵

友人たちが彼女につけたあだ名は「レジェンド・ユウカ」。結婚市場に残された最後の掘り出し物という意味だと説明されたが、たぶん揶揄する意味もある。妥協を知らない彼女が最後にどんな男と結婚をするのか、既婚の友人たちは全員興味深げにユウカさん...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

aminah2500 めっちゃあほらしい。 3年以上前 replyretweetfavorite

oga_gicho 飯食いながら大笑いして読んだのだが、これ書いてる人、多分昭和30年代後半-40年代前半生まれのオッサンだと思うんだが、どうなんだろう。このほとばしる、なんとなく☆クリスタル感。https://t.co/YfqxvbSi8q 3年以上前 replyretweetfavorite

Ysaaaack いしけんが挙げたコレ、連載なのかよ…… 携帯小説にどハマりした子達も今や大人、その層を狙ってるのだろうか…… https://t.co/Xj5gETfX2d 3年以上前 replyretweetfavorite

you_7se 2分20秒で全文読めます。。面白いです。 3年以上前 replyretweetfavorite